ちょっと前に書いたものですが、
「また要らないもの買ってー」
と言われそうでアップしないままでしたがどうせばれるので。


朝はコーヒー ⇒ お湯を沸かす
ホットサンド ⇒ ホットサンドクッカーを熱する



まず,コーヒーを淹れてそれからホットサンド。これがこれまでの流れ。
でもホットサンドメーカーが2つになったから,コーヒー後に2口バーナーがあると便利。
両方するためには,2バーナーが一番ですが,2バーナーは場所を取るのでナシ。
カセットコンロとイワタニのジュニアバーナーでよさそうですけどそれもなんだか違うような…・なんとなくです。

誰かのものを使えばいいと思っていましたが,ついつい欲しくなってしまいました。色違いとか,ちょっとした小物が面白そうなので・・・ついつい・・・・
DSC_3065_R.jpg
ST-310ではないのが分かりますか?
そうです,ST-N310です。NはナチュラムのNだと思います。ナチュラムとのコラボ。黒バージョン。
310は持っている方が身近にいるので,間違わないように。黒で。
ついでに,オプションも。
DSC_3067_R_201802220807099bb.jpg
ケースとすべり止めチューブと点火を快適にするパーツのセットも同時にポチりました。点火用は純正でついていてくれてもいいと思うのですけど。

ケース以外はあまり必要なかったのですが,楽しそうなのでセットでとりあえず購入。
DSC_3069_R_201802220807012a5.jpg
こんな感じになります。

別売りケースがあるから本体にはケースがついていないとばかり思っていましたが,ケース付いてました。でもいろんなところで書いてありましたが,本当にキツキツなので,別売りケースはあってよかったと思います。色・デザイン,好みです。
付属の袋にはイワタニジュニアを入れようかな?カタカタ音軽減に役立ってもらいます。







2018.05.07 Mon l 道具 l コメント (6) l top
GWも終了です。
その前に4月のことをまとめておかないとGWにつながらないのでまとめて書いとこうと思います。

先日久しぶり(2週間)にキャンカーにキャンカーに乗ると,庭に白い花びらがいっぱい落ちています。隣の花が飛んできたにしては多すぎるので,見上げると我が家のエゴノキがたくさん花をつけたようです。ずいぶん長いこと一部の枝にちょっとだけ花をつけていたのでだけなので全く気付きませんでした。満開を過ぎて残念ですがそれ以上にたくさん花をつけてくれたことがうれしいです。エゴノキはハーブではないですが,小さな花を下向きに咲かせる控えめなところが気に入ってます。
DSC_3277_R_20180506130739136.jpg

話は戻りまして日帰りキャンカードライブ。
いつものように方向だけを決めて出発。
なんとなく看板の湧水に惹かれて寄り道。
場所がよく分からず近くで畑仕事をしているお婆ちゃんに尋ねると,
「あそこだよ~」
と指をさしたのはすぐ近くの橋。その下にありました。
DSC_3211_R_2018050613074037d.jpg
味はよく分かりませんが冷たくておいしい。
近くを散策すると,DSC_3216_R_201805061307438ca.jpg
DSC_3212_R.jpg
橋は新しいものですが結構きれいに整備されていて岩壁に彫られた仏様も見ることができました。

さらに渓谷を探しにスマホで調べて,廃校になった小学校がアウトドアやイベントに使われているらしいとのことで,行ってみましたが,特に何もイベントなどなく,誰か常駐の方がいるわけでもなく入れなかったので引き返す途中に来るときには気づかなかった湧水を発見。
DSC_3223_R.jpg
こちらも冷たくて気持ちいい水でした。
途中で冷たいハーブティーを購入して飲み終えたカップがあったのでそれに湧水の水を入れてドライブのお供にしました。


翌週は逆方向に。
DSC_3249_R_20180506130749e1f.jpg
分かります?
古墳です。
DSC_3247_R_20180506130748a5a.jpg
天気もよく,なかなか綺麗です。前方後円墳の丸い部分で,それ以外は雑木林になっていました。
誰のものかは分かっていないようです。

古墳を離れて興味を持った標識の高遠に左折。
なぜだか湧水がありました。
DSC_3261_R_20180506130751aa4.jpg
こちらは飲めないようです。でも2週連続湧水とは,自分でもびっくり。

その後お寺に行きましたが,ちょうどお祭りで残念ながら風情を楽しむことはできなかったですが,神社とお寺が同一敷地内にあり,次回再訪してみたいと思います。

そしてまた古墳。
DSC_3263_R.jpg
こちらも前方後円墳。ただし神社が建立されていました。これってよくあるらしいパターンみたいです。このあたりはたくさん古墳があるらしいです。ただ誰のものかは分かりません。

それほど湧水や歴史が好きなわけではないのですが,こう続くとGWもこんな感じかな?とちょっと思ったりもしましたが,本当にそうなるとはこの時は思いもしませんでした。










2018.05.06 Sun l 徒然 l コメント (6) l top
増えるばかり。
ベッド下は棒状に丸めて収納できるもの(チェア、テーブル、タープとポール)でほぼイッパイです。
割りきって下段ベッドを荷物置きにしてしまっったため、まだ荷物が積めることになりました。すると収納ボックスを置けるので、キャンプ小物の車外への移動が楽になりました。スクリーンタープも追加できました。

まだ下段ベッドには収納スペースが半分くらい残ってます。
今気になるのはDODのテキーラテーブル。脚が3つまたは4つで焚き火テーブルにもなるみたい。安定性と設置の容易さが気になりますけど。焚き火はしないけれど焚き火の上でも使えるみたいです。重いのは車が運ぶのであまり重要ではないかな。

それとせっかくスクリーンタープ導入したのでコットでもあればテント(タープ泊か)泊できるかな?と。これの選択は大変なんです。安くて長いものはあまりないんですよね。

他にもいろいろと気になるものがありますけど、もう少し悩んでみようかな。で、道具の量で次のキャンカー選択ができるといいなとなぜだか???思うGW前半でした。
2018.04.30 Mon l 徒然 l コメント (4) l top
だいぶ間が空きましたが続きを。
ごはん。お店で。
DSC_3258_R.jpg
DSC_3259_R.jpg
DSC_3257_R.jpg
P1090348_R.jpg
キャンプ飯を少し。
DSC_3275_R.jpg
DSC_3278_R.jpg
DSC_3277_R.jpg
風景など
P1090347_R.jpg
P1090336_R.jpg
P1090339_R.jpg
P1090332_R.jpg
DSC_3229_R.jpg
DSC_3224_R.jpg
DSC_3213_R_2018041915365410c.jpg
DSC_3211_R_201804191536537e2.jpg
DSC_3210_R_20180419153652408.jpg

本当に今回はキャンプ写真がない・・・・
DSC_3274_R.jpg
DSC_3282_R.jpg
DSC_3281_R.jpg
初張りのタープ。重たいですけど意外とコンパクト。
今回は寒く無くてあまり役には立ちませんでしたが,夏の虫除けや冬の寒さ対策に役立つといいです。
網になるのが2面しかないので夏はちょっと暑いかな?

キャンプ場について
キャンプ地も電源アリで,2300円(1台)でお安かったのですが,電源が広い敷地で1カ所集中だったので,使いづらいものでした。電気使用料は払いましたが,結局使いませんでした。
フリーサイトで芝への車乗り入れOKというのは魅力的です。いくつかそのようなサイトが段差があったり,道路をはさんだ向かいにあったり多分3カ所のフリーサイトがあったような気がします。
遊具やゴーカート,様々なイベントもあるみたいでファミリー向けにはいいかもしれません。

2018.04.19 Thu l 車中泊 l コメント (2) l top
意外と朝早くから開いている公衆浴場的温泉は少なく,選択肢はあまりないようでした。
きちんと探せばあるのでしょう。

1件目6:50
DSC_3246_R.jpg

DSC_3247_R.jpg
小さい丸い方がやや熱め。大きいほうがややぬるめ。
特に特徴的なお湯ではないですが,雰囲気はいいです。
古い公衆浴場で丸い湯舟は珍しいのではないでしょうか?
また,入口は1つで中に入ってから男湯と女湯の入り口があります。今回訪れたレトロ温泉ではここだけでした。近所の方が栽培しているのであろう野菜などの無人販売もありました。寒いときに相方を待つスペースがあるのは親切ですね。
DSC_3251_R_201804041408339e1.jpg
木製の引き戸が郷愁を醸し出してます。
DSC_3249_R.jpg
シャンプー類は置いてる常連さんも多いのだと思われます。

2件目13:30
キャン友さん達とは別行動でこちらにやってきました。
DSC_3261_R.jpg

DSC_3262_R.jpg
ここもいい雰囲気です。14時からなんですが、30分前に入れてもらえました。完全1ばん風呂です。
DSC_3264_R_20180404082015c2f.jpg
まだ、両サイドが濡れてないのが分かりますね。
DSC_3270_R_20180404082013ca8.jpg
お湯の噴き出し口がかわいいです。七福神のどなたかですよね?たぶん。
DSC_3272_R_20180404082014e2c.jpg
お湯は無味無臭です。ちょっとヌルッとする感じです。湯舟のなかには湯の華ではなさそうな浮遊物がありました。何なのかは分かりませんが、源泉かけ流しで掃除はあまりしていないのかもしれません。底も洗い場もヌルヌルでした。でも貸しきり風呂はとても贅沢でした。

この地域の温泉はレトロな場所すべて深さがとても深く、多分ゆっくりと座って肩まで浸かると溺れてしまうんじゃないかと思いました。まあ腰かける場所もあるので、ゆっくりと半身浴するのが主流なのかもしれません。
2日で6件。我ながらこんなに温泉に惹かれたことは初めてで、自分でもビックリです。今回訪れた6件中5件は順番を考えていけば、そんなに無理せず歩いてまわれます。市街地に歩いていける範囲にこんなレトロな温泉があるって珍しいのではないでしょうか?まだ行ってないけれど気になる温泉もあるので再訪してみたいとおもいます。

温泉以外の出来事と肝心のキャンプについてはあまり写真もないのですが、次回まとめて。
2018.04.04 Wed l 車中泊 l コメント (2) l top