だいぶ間が空きましたが続きを。
ごはん。お店で。
DSC_3258_R.jpg
DSC_3259_R.jpg
DSC_3257_R.jpg
P1090348_R.jpg
キャンプ飯を少し。
DSC_3275_R.jpg
DSC_3278_R.jpg
DSC_3277_R.jpg
風景など
P1090347_R.jpg
P1090336_R.jpg
P1090339_R.jpg
P1090332_R.jpg
DSC_3229_R.jpg
DSC_3224_R.jpg
DSC_3213_R_2018041915365410c.jpg
DSC_3211_R_201804191536537e2.jpg
DSC_3210_R_20180419153652408.jpg

本当に今回はキャンプ写真がない・・・・
DSC_3274_R.jpg
DSC_3282_R.jpg
DSC_3281_R.jpg
初張りのタープ。重たいですけど意外とコンパクト。
今回は寒く無くてあまり役には立ちませんでしたが,夏の虫除けや冬の寒さ対策に役立つといいです。
網になるのが2面しかないので夏はちょっと暑いかな?

キャンプ場について
キャンプ地も電源アリで,2300円(1台)でお安かったのですが,電源が広い敷地で1カ所集中だったので,使いづらいものでした。電気使用料は払いましたが,結局使いませんでした。
フリーサイトで芝への車乗り入れOKというのは魅力的です。いくつかそのようなサイトが段差があったり,道路をはさんだ向かいにあったり多分3カ所のフリーサイトがあったような気がします。
遊具やゴーカート,様々なイベントもあるみたいでファミリー向けにはいいかもしれません。

2018.04.19 Thu l 車中泊 l コメント (2) l top
意外と朝早くから開いている公衆浴場的温泉は少なく,選択肢はあまりないようでした。
きちんと探せばあるのでしょう。

1件目6:50
DSC_3246_R.jpg

DSC_3247_R.jpg
小さい丸い方がやや熱め。大きいほうがややぬるめ。
特に特徴的なお湯ではないですが,雰囲気はいいです。
古い公衆浴場で丸い湯舟は珍しいのではないでしょうか?
また,入口は1つで中に入ってから男湯と女湯の入り口があります。今回訪れたレトロ温泉ではここだけでした。近所の方が栽培しているのであろう野菜などの無人販売もありました。寒いときに相方を待つスペースがあるのは親切ですね。
DSC_3251_R_201804041408339e1.jpg
木製の引き戸が郷愁を醸し出してます。
DSC_3249_R.jpg
シャンプー類は置いてる常連さんも多いのだと思われます。

2件目13:30
キャン友さん達とは別行動でこちらにやってきました。
DSC_3261_R.jpg

DSC_3262_R.jpg
ここもいい雰囲気です。14時からなんですが、30分前に入れてもらえました。完全1ばん風呂です。
DSC_3264_R_20180404082015c2f.jpg
まだ、両サイドが濡れてないのが分かりますね。
DSC_3270_R_20180404082013ca8.jpg
お湯の噴き出し口がかわいいです。七福神のどなたかですよね?たぶん。
DSC_3272_R_20180404082014e2c.jpg
お湯は無味無臭です。ちょっとヌルッとする感じです。湯舟のなかには湯の華ではなさそうな浮遊物がありました。何なのかは分かりませんが、源泉かけ流しで掃除はあまりしていないのかもしれません。底も洗い場もヌルヌルでした。でも貸しきり風呂はとても贅沢でした。

この地域の温泉はレトロな場所すべて深さがとても深く、多分ゆっくりと座って肩まで浸かると溺れてしまうんじゃないかと思いました。まあ腰かける場所もあるので、ゆっくりと半身浴するのが主流なのかもしれません。
2日で6件。我ながらこんなに温泉に惹かれたことは初めてで、自分でもビックリです。今回訪れた6件中5件は順番を考えていけば、そんなに無理せず歩いてまわれます。市街地に歩いていける範囲にこんなレトロな温泉があるって珍しいのではないでしょうか?まだ行ってないけれど気になる温泉もあるので再訪してみたいとおもいます。

温泉以外の出来事と肝心のキャンプについてはあまり写真もないのですが、次回まとめて。
2018.04.04 Wed l 車中泊 l コメント (2) l top
今回も例によって前のリ。
何度か来ている場所でしたが、温泉は未体験ゾーンなので温泉三昧しようとisさんの情報を元に行き先を決めました。
DSC_3205_R_201804021508339a0.jpg
DSC_3207_R.jpg
DSC_3206_R.jpg
DSC_3208_R.jpg
最初に入った温泉。
この雰囲気、気に入りました。
番台はありますが無人で、料金(200円)を料金箱に入れるシステム。カメラの映像が番台のモニタに写し出されていました。レトロな雰囲気ですが近代的なシステムのギャップも楽しかったです。
お湯はちょうどいい湯加減でヌルサラな感じで、若干体に気泡がまとわりついてきました。臭いはなく、お湯はちょっとだけ茶色っぽい翌ように感じました。翌日行ったキャン友さんは熱くて気泡は確認できなかったとのことです。日によって違うのかな?

泡の温泉もあったなと思い検索。ちょっと遠いけれど勢いでいってみました。
DSC_3211_R.jpg
DSC_3216_R.jpg
DSC_3217_R.jpg
DSC_3219_R_20180402150844fbb.jpg
家族湯メインですが、大?浴場もあり、400円。施設はきれいです。これだけの施設なら露天が欲しかった。
お湯はぬるめで気泡が身体中にまとわりつき、ヌルッとした感じ。無味無臭の透明なお湯。泉質は今回の温泉巡りで一番好きだったかも。
周囲には桜が強風で風に舞い、一面桜吹雪でした。写真ではうまく写らなかったのが残念です。

一度本日の寝床を探しに数ヵ所巡り、結局最初の予定の道の駅に決定。
寝床も決まるとまた温泉に行きたくなり、寝床探しの途中で見つけた温泉に向かいます。
DSC_3232_R.jpg
DSC_3234_R.jpg
ここは地元の温泉でもあり、観光で訪れる方でも気に入るであろうthe温泉という感じの入り口です。古いですがくたびれた感じではないと言えばいいのでしょうか。番台には年配の女性がいて、そっけない感じでしたが、話をすると愉快な感じでした。お風呂はお湯は若干茶色でお湯をすくって鼻を近付けると僅かに硫黄臭がしました。雰囲気は最初の温泉に近いのですが小綺麗な印象。ちょっとツルッとする感じでした。入浴していた地元の方に「少し硫黄の臭いしますよね」と聞くと毎日入ってるからわからないとのことでした。「硫黄だったら駅前のホテルいってみれば?」といわれたので行ってみました。
DSC_3243_R.jpg
DSC_3242_R.jpg
300円。シャンプー、ボディーソープ付きはここだけ。残念ながら硫黄臭はなかったのですが、本日最後で体や頭をしっかり洗うのにはよかったと思います。しっかりとした温泉ですが可も不可もないという感じですかね。

1日4件入湯は人生初でした。古い温泉施設の特徴としては、脱衣所から3、4段の階段を降りて湯舟があることでした。また、この日の温泉はすべてドライヤーがせっちされていました。ちょっと以外でした。でも脱衣所に水道設備は1件もなくて、服を着たあとに浴場でフェイスタオルを洗わなければならなかったのは不便に感じました。通常1件しか利用しないからその場で洗う必要はないのでしょうね。

今回は利用しませんでしたが、ついでに、
DSC_3238_R_20180402151031e90.jpg
にも行ってみました。
機会があれば入湯してみたいと思います。

大満足の前のリお風呂三昧でした。
2018.04.02 Mon l 車中泊 l コメント (6) l top
芝生部分だけだと小さなキャンプ場に見えますが結構広いんです。
多分芝生のサイトは大人数時の憩いのスペースとなるのではないかな?
あと,駐車場とか。
全景
右から本館,隣の赤い屋根は倉庫,その隣に木に隠れて分かりづらいけど炊事棟,そしてといれ。一番左の片流れの屋根はコテージが3棟あります。この芝生の周囲の松林の中にも林間テントサイトが結構な数あります。

本館
本館も1棟貸しているみたいです。2階建てで結構広いです。裏には別に有料ですがシャワー施設があるそうです。未確認です。ちなみに温泉は車で10分以内のところにあります。もう少し(+20分)行くと他にも温泉はたくさんあります。
本館前キャンプサイト
本館の前は車乗り入れ禁止の芝生キャンプサイトです。
左端にわだちが見えます。これより右側は,結構きれいな芝生サイトです。
多分ファミリー用テント&タープだと2~3組が限界だと思います。
炊事棟
炊事棟です。今回はここで調理から食事まですべて行いました。立派なテーブルがあるので,今回はたき火テーブルとそれぞれイス1脚しか出してません。それでも十分でした。
大きなテーブルの左右に水道4ヶと3ヶ,飯盒炊爨用がこの写真の奥と手前に4カ所ずつ計8個あります。
清潔なのもありますが,「きれい」です。蛍光灯はつきます。外部電源コンセントも1カ所あります。
炊事棟2

トイレと木
車の右側がトイレ棟です。簡易水洗ですが,きれいです。冬場だったので水道は凍結破損していて手洗いはできませんでしたが,隣の炊事棟を利用したので大丈夫。トイレの水は流れます。使っていないからなのか閉め切られていないスペースだからなのか管理がされているので臭いはほとんど気になりません。
バンガロー
こちらはリッチに過ごしたい方向け。3棟あります。エアコン,シャワーなどほぼ快適に過ごせます。ちらっとのぞいてみましたがかなりきれいです。

トイレの写真の車の前に大きな木があります。こちらの芝生サイトは車乗り入れ可能です。でも,バンガロー利用者がいればその方々の車が停車しているだろうし,その前にテントは建てられない,他の利用者がいればトイレや炊事棟の前を利用するのも悪い気がする・・・・・と考えると混雑時はほとんどテントやタープは利用できないってくらいの芝生の広さです。


でもこのサイトの2辺の奥には,
林全景
リンカン1
りんかん1
林間サイトが広がっています。斜面にはなっていますが,テント部分はある程度平らになってました。夏はよさそうですが,なんちゃっての私が使うことはないでしょう(笑)

駐車場が別途あるわけでもなさそうなので,林間サイト利用者の駐車場になるのかもしれません。もしそういった利用者がいないとしても私たちのように大きな車3~5台とサイドオーニングとタープのみだとして,このようなグループが乗り入れ可能サイトを使うとして,車の置き方をよ~~~く考えても3~4組が限界でしょうか。

芝生サイトは狭いので,利用者が少なくなる11月~2月(3月?)がオート利用にはいいのかな?と思いました。
またぜひ利用させてもらいたいと思う場所です。
林をはさんで乗馬体験ができる施設があり,風向きによっては匂うかもしれません。
たき火は直火禁止,たき火台はOK。でも直火で燃やした大きな痕跡はありました。団体さんのキャンプファイヤーの跡かも。
水はめちゃ冷たくおいしい水です。冬はつらかった・・・・・
オートキャンプ可能ですが,区画サイトはモチロンありません。電源も基本的にはありません。炊事棟のものを使わせてもらうか,バンガローの外部コンセントを使わせてもらうかお願いすればできるような雰囲気ではありました。入口は狭いのでキャブコンの場合は事前に伝えておけば枝などは剪定してくれると思います。

結構気に入ったキャンプ場となったので,詳しく書いてみました。
相変わらず地名を書かないのでちょっとだけ(?)分からないとは思いますけど(汗)

申し訳ありませんが,今後も地名はでてきません。
コメントされる方も地名が分かるようなコメントはお控えくださいね~~~。
↑これ,ヒントです(笑)


2018.03.03 Sat l 車中泊 l コメント (4) l top
朝はちょっと遅めの7時過ぎ起床。
予報によると今日は雨。でもまだ降り出していません。
空を見るともう少しもちそうな気がします。
早速朝食の用意に取りかかります。
DSC_3181_R.jpg
DSC_3180_R.jpg
コーヒーを淹れて,飲みながらホットサンド。
1519614141603_R.jpg
2人分なので余裕を持ってうまくできました。
DSC_3184_R.jpg
チーズと焼き豚スライスにコンビニの卵焼き。
1519614136098_R.jpg
2回目は卵焼きとツナとチーズ。
定番となった肉まんも最後に。
DSC_2919_R_201802261525110ca.jpg
今回はネジリ模様がきれいにみえてます!画像はisさんから拝借。


使った道具はいつものように洗ってフィールドラックで乾燥なのですが,
水道の上になんとなくぴったり・しっくりしそうな板材があったので,
シェラカップをかけてみました。
DSC_3185_R.jpg
ぴったりフィット!!
まさかこのため??と思うくらい便利でした。

その後少し雨は降ったもののだれもいないキャンプ場です。
炊事棟にギリギリ車を寄せてほぼぬれることなく撤収して帰路へ。
温泉はマニアック,キャンプ場は貸切の炊事棟キャンプ,これはこれで楽しかったです。

次回もう少しキャンプ場の紹介をしてみようかな?






2018.03.02 Fri l 車中泊 l コメント (4) l top