いい時間になったので,道の駅を出発して目的地であるRVパークへ。
道の駅を出てすぐの交差点で,リコルソ発見!!
目的地への行程がよく分かっていなかったので,あとを追いかけて最短距離で到着。
ラッキー!!!

オーナーさんに久しぶりの対面。

一足先に到着したらしいアイランダーさんも汗を流しに行って合流。

ここでは,タープもテーブルもイスも必要なし。
全部あります。
気さくなオーナーさんは,適度な距離感を保ってくれて,
氷やコーヒーの差し入れをしてくれたり,買い物の時間やお風呂の回数券まで準備してくれて本当にありがたいです。
氷が無くなるころには氷の追加があったり。どこか隠しカメラがあるの?ってくらいに親切です。
おかげで,ゆっくりまったり過ごすことができます。
暑いので余計な作業がないだけでホント助かります。
まだまだ暑いなかでもゆっくり日頃の疲れが抜けていくのを実感します。

アイランダーさんのスノピのガスランタンお披露目。
徐々にキャンパーらしくなってる・・・・ってか,みなさんそろって一人前に届くかな?てな感じですけどね。
かおなし♪さんが,車の快適化!それも断熱(遮熱?),防音!!!これまでのイメージからすると非常に珍しいというかビックリなほどの熱の入れようでした。断熱なのに(汗)。

私は,またパチノックスを披露。
今回はしっかり比較。
あまり,この比較はないので参考になれば(見てる人は少ないですけどね)。
ヘリノックス ホーム・デコ サンセットチェア と スノーライン キミチェア の
ハイバックチェアの比較です。
まず正面から。左がヘリノックス。
DSC_2099_R.jpg
右側が黒の縁取りに黒のメッシュのため色が異なって見えますが,見た目の色はだいぶ近いです。
高さはだいぶ違います。背もたれの長さもスノーラインが少し短いです。幅もスノーラインが狭く窮屈感が多少ありますが,フィット感があると言えばそうなるのかな?ゆったり感なら,ヘリノックス。
おまけ
ヘリノックスには別売りの枕のようなものがあるらしいのですが,スノーラインはペロッとした布があります。ベルクロでとまってますので,何か挟むと枕部分ができるのかもしれません。別売りの何かは期待できないと思います。

後ろから。
DSC_2100_R.jpg
なぜだか,ヘリノックスはこちらは黒い。
おしり部分の布がスノーラインのほうがゆったりに見えます。ヘリノックスが少し張り気味に見えます。ヘリノックスは座った時の重さで沈み込む仕様のように思います。早く布に触れたほうがしゃがみこんだ時の安心感があると勝手に思ってます。さすがヘリノックス。

横から。
DSC_2101_R_20170718102005583.jpg
背もたれの角度はほぼ同じ。

ハイバックのポールの差込部分。
DSC_2102_R.jpg
スノーラインはマチ部分が広く,その分背もたれが狭いのかな?
でもヘリノックスはそれでも丈夫そうな縫製です。
上がヘリノックス,下がスノーライン。
DSC_2103_R_201707181020358cb.jpg

要のコネクター部分。
DSC_2104_R.jpg
DSC_2105_R_20170718102036943.jpg
上がヘリノックス,下がスノーライン。
見てお分かりのとおり,ポールの太さがヘリノックスのほうが太いです。
プラスティック部分の形状はスノーラインはオリジナルの形状できっちりヘリノックスをマネているわけではなさそう。原理は同じでしょうが,この部分が違うことで,ヘリノックスを型どりして作ったパチモンではないんじゃないかと期待しちゃいます。スノーラインがちょっと強度強そうに見えませんか?持ち主のひいき目?

どちらにも言えることですが,これらのチェア(特にキミチェア)は,食卓を囲むよりゆっくりくつろぐときのほうが向いているのかもしれません。夜空を見上げるにはとても気持ちいいです。あ,ローテーブルなら対応できるかも。立ち上がりやすさは,座面の高いサンセット圧勝です。コンパクトさは座面の低さや幅の狭さが功を奏してキミチェア。
座り心地はこれは好みによると思います。ゆったりのサンセット,フィット感ならキミ。
価格は倍以上サンセットが高い。
お子様にはキミチェア,大人はゆったりサンセットチェアというのもアリかもです。
もしかすると後発でもっとハイバックの高機能のものが発売されるかもしれません。ホールアースのハイバックチェアはHPから消えてると思います。復活してカラバリが増えたら選択肢が増えてうれしいかも。


で,お決まりのBBQ。お野菜多めの健康志向。
DSC_2095_R.jpg
アイランダーさん,かおなし♪さん,カップまで写った写真お持ちの際は分けていただければありがたいです。写真に撮り忘れてました~。コーヒーも。

これは別日の写真ですが,こんな感じで扇風機セット。窓からの風を車内へ。
DSC_2148_R.jpg

スノピのガスランタンは天井に吊るし,テーブルにはキャンドルランタン。シトロネラ配合のキャンドルで虫よけ効果が期待できます。それより,火をながめているだけで気分がゆったりしてくる効果が大きいのかもしれません。
DSC_2108_R.jpg
実は,ライトも完備されているので,特にランタンさんたちは今回無用でした。
次回どこかはわかりませんが,オートサイト利用の際にガスランタン,キャンドルランタン,LEDランタンの効果を確認できればと思います。
2017.07.19 Wed l 車中泊 l コメント (4) l top
仕事を終えて,おやじの会へ向かいます。
自宅でお風呂と夕ご飯を済ませていつものように,前泊予定で20:00出発。

今回前泊で試してみたかったブツが届かなかったのでどうしようかと迷いました。でもウキウキ感が勝り,眠い目をこすりながら,個人の遊びにはなるべく高速は利用しない(というか,運転が好きだし,時間もあるの)でみようと,かおなし♪さんをみならって(?)目的地へ地道で向かいます。シートを取りかえてから初めての長距離ドライブなので,乗り心地も試してみたかったこともあります。

標高が高い場所では,21度。エアコンを切り眠気防止も兼ねて窓を開けて走行。気持ちいいです。
ただ目的地にたどり着くためにはこの場所で車中泊するにはまだまだ遠すぎます。なるべく距離を稼ぎたい。下山しないで行く道もありますが,評判がめちゃくちゃ悪い国道(酷道)です。一度下山したあたりで日付が変わる時間。年には勝てず,日をまたいでの運転は体力的にキツイです。川沿いの静かな道の駅で歯磨きして就寝。
意外と朝(6:30)まで暑さで起きることなくぐっすり。
歯磨き,洗顔を済ませた程度で道の駅を後にして目的地へ向かいます。

市街地に入り,若干の渋滞。片側2車線の道の左側を走行しているとなぜだか予定にない高速に誘導されてしまい,おまけに逆戻りしてしまう方向の車線にのってしまいました。一番近いICで,道を間違ったことを伝えてUターンさせてもらい,先へと進みます。さすがに高速に入った場所で降りるわけにもいかず,2つほど先のICで降りて目的地へと向かいます。

予定にない高速道路走行で意外なほど早く到着したため,目的地近くの道の駅でしばしゆっくり。朝のホットサンド用のハムを購入。

長々と書きました。写真は1枚も撮ってません。ブログは備忘録なようなものなので,1人だとついつい撮ることをわすれちゃうんですよね。


結構運転したので,エルゴメドのこの時の感覚,
「乗り心地わるっ!」
です。

痛いんですよね。腰のあたりが。
高いお金だして買った結果がこれか!と正直思いました。
でも,まだ最適なポジショニングがとれていないだけだと自分を納得させました。
よかったことと言えば,アームレスト。これは快適です。
エルゴメドの使用感については続きがあります。
また次回。
2017.07.18 Tue l 車中泊 l コメント (2) l top
ちょっと前に、コインランドリーで冬用毛布を洗濯したことを書きました。

今回、帰宅直前に
あ、洗い物を済ませて帰れば、相方も楽チンだろうと自宅から近いコインランドリーに行き先変更しました。今週は雨が続きそうな予報だったし。
温泉の度に着替えたので結構洗濯物が多かったです。
約1時間で乾燥まで終了。
帰宅して洗濯終わらせてきたことを伝えると、
「無駄遣いしてー」といいながらも、まんざらでもなさそう。

夏物は溜め込むより早めに旅先で洗濯はアリだな、と思いました。ソロ旅なら夕食を車内で食べてる間に洗濯とかできそうですね。最近のコインランドリーはPも広いですから。清潔だしエアコンもついてたりゆっくりできますよ。


今回2日間、場所を離れるとき、寝るとき椅子や小物は車内やバンガローに片付けました。何となく気になったので、ネットでキャンプ場での盗難について検索してみると………………あるんですねー、盗難。キャンパーは自然と親しむよい人ばかり…とまでは思ってはいませんがまさか!という気持ちになりました。
多いのがヘリノックスとスノピのランタンなどの小物類。あとコールマンも。知名度高いからヤフオクにいくのでしょうか?盗んで自分で使うのでしょうか?
私のはパチノックスなのですがパチでも所有のロゴスのより高価。盗まれたくはありません。軽かったり小さいものは持っていきやすいのでしょうね。犯罪をおかすほどの金額ではないと思うのですが。。。。。
ヘリノックス所有のかおなし♪さんが片付けたのでタブン盗難のことご存じだったのでしょうね。私も片付けておいて正解だったかも。
でも、やっぱり………なにか残念です。
2017.06.22 Thu l 車中泊 l コメント (4) l top
前泊のオートキャンプ場から約1時間,山を下り到着。
すでにislanderさん到着されてました。
やはり下界は暑いです。

暑いだろうけどここに決めた(予約した)のは,『梅雨』だから。
DSC_2018_R.jpg
想定外でトイレはついていなかったものの,ミニバンガローがついているオートサイトです。
意外とこういったタイプはないですよね?
雨のときには部屋に逃げられるように。寝具もしっかりおいてありましたが,利用はしませんでした。
ラッキーなことに雨は降らず,室内は物置として有効活用しました。
水道やひさしもあり,少人数のBBQならタープは必要ありません。
3人で利用して,電源込で1人1500円以内でした。一人でも同じ値段なので一人利用だとたかいかな。
お安いですよね。理由は車の数ではなく,4人以内の利用であれば同じ価格のようです。
基本的に車は1台を想定していて,車内で寝ることは想定されていないようで,駐車スペースは傾斜がきつかったです。充電のときのみ隣の駐車場で,就寝時は広い平らな駐車場を利用しました。
駐車場は,すぐそばに大きめの駐車場があったのでそちらを利用しました。
タープを張りました。朝日がまぶしいので日よけにはよかったかも。
大きいタープはムリだったので,私の初購入タープのお披露目もできてよかったよかった。
大は小を兼ねるとは言いますが,適度な大きさというものがあるんですね。
一応カーサイドタープでの利用をメインで考えての購入したのですが,こういった利用もできるのですね。
ロープワークは全く分かりませんので,設置はお任せで結局何もできないまま設置は完了してしまいました。

昼は赤い牛+お野菜,
夜は黒い牛+お野菜。
さすがに焼肉連チャンはきつかった!
今後の課題ですね。
で,適度に観光&お風呂。
夜は案外涼しく過ごせました。
朝はコーヒーにホットサンド。挟むものは定番がやっぱりうまい!
そしてまた,お風呂。
画像でお楽しみください。

DSC_2013_R.jpg
DSC_2022_R.jpg
DSC_1993_R_20170621081901ffa.jpg
DSC_1992_R.jpg
DSC_1994_R.jpg
DSC_2005_R.jpg
DSC_2001_R.jpg
DSC_2024_R.jpg
DSC_2038_R.jpg
DSC_2037_R.jpg
DSC_2031_R.jpg
DSC_2041_R.jpg
白いお湯・・・入浴20分以内だそうです。浴場にいる時間も30分以内。
私は息が少し苦しくなりました。
毎度のことながら,いきかえりますなー!


【追記】
忘れてました。
白い温泉後,グニャグニャと結構な坂を下りました。
エンジンブレーキも使いながら下ったつもりですが,平場にでて,最初の信号で停止するとき,
ブレーキの効きが明らかに悪くなっていてかなりブレーキを踏みこみました。
ブレーキの強化が必要なのでしょうか?
皆様どーもなかったですか?

2017.06.21 Wed l 車中泊 l コメント (4) l top
気になっていたことがあり,お仕事を午前中で切り上げて実家へ向かいます。
父の日を目前にして,母の日を実施。病院への送迎やだいぶ遅くなったけれど頼まれていた品物を渡します。
たまには親孝行を。

検査の結果も良好だったし,いい時間になったので,待ち合わせ場所に向かいます。
おやじの会,突然の前泊です。
こんなこともキャンカーならではかな?

海抜の低い待ち合わせ場所は,夕方でも27度。
こりゃ暑いてことで,急遽標高の高いオートキャンプ場に電話してみると,あっさりOK。

市街地でほんの少し渋滞しましたが,あとはくねくねと山道を登ります。
約30分後到着。23度。快適です。

受付を済ませて,2人(+2台)+電源1=3,050也。電源が1カ所につきコンセントが2つあるから電源代は1カ所分でいいとのことでした。いやいやお安いです。
そして,なんと温泉付きです。一人310円。行ってみてびっくり,露天付です。
キャンプ場を利用しない方も利用可能で,温泉のみ利用の方も結構いました。
シャワーの温度調整がイマイチなことと,水圧の低さはご愛嬌。

初めてのオートサイト利用には向いているかもしれません。

この日は,我々を除いてキャンプ場利用者は2組。軽キャンが2台。テント泊される方はいませんでした。

急な前泊なので,夜は近くの定食屋さんですませます。
DSC_1973_R.jpg
始めて見ました,【とんかつ南蛮】
でもこれが美味でした~

ちなみにほかの利用者への配慮さえすれば,外部への車の出入りには時間の決まりはないそうです。常識の範囲内ということですかね。

夜は食事とかはないので,小さなテーブルとイスのみ車外へ。
互いの近況報告などで時間は過ぎていきます。
で,22:00。逆に「寒い」!多分15度前後まで下がっていたと思います。いやもっとかな?
早々に車内で就寝。
DSC_1983_R.jpg
DSC_1979_R.jpg
DSC_1978_R.jpg
DSC_1976_R.jpg
ただただ広い草原ぽいキャンプ場です。朝は少し寒いくらいで,快適。ちょっと散歩しながら上記写真を撮影。
よさげでしょう?
でも評価を下げるポイントも。トイレの話は今回はナシで。
1 周囲はだれもが入れる周回型の散歩コース。フィールド内の我々は,まるで「見世物」のように散歩者に見られます。朝は結構早い時間から年配の方々が犬を連れて散歩してました。
2 温泉利用者も頻繁に訪れます。温泉利用者の駐車場に近い場所だと五月蠅そう。温泉利用者も気ままに芝生スペースに出入りはできます。常識があればしないと思いますけど。
3 我々は奥のスペースでしたが,反対側のサイトだとすぐ隣は生活道路です。たぶんうるさいです。翌日午前中にはちょっとやんちゃ系の爆音が少しの間・・・・はぁ。

 まあ,よく言えば,だれもが気軽に入ってこれる自由な雰囲気があるキャンプ場でした。
結局翌日11時くらいまでまったりと過ごしましたが,汗かくことなく快適に過ごせました。

今度一人立ち寄ってタープ練習してみようかな(タープ使うと別途料金が発生しますけどね)?





2017.06.19 Mon l 車中泊 l コメント (7) l top