ショーのあとはいつものブロともさんと赤い牛BBQ。ショーの最後に見たキャブコンの、なぜだか購入する気もないのに同じ車の今日2度目の見積り。ブロ友さんは先に目的地に向け、行っちゃいました。

結局は、見積りもらわずに世間話を30分ほどして、遅れて追いかけることに。
でもある程度の場所はわかってもたどり着けるか不安で、まずネットで住所を確認。
ナビに住所を入力するも見当たらない……。
近い住所を目的地に設定して出発。たどり着けるかな?

追い付けないかな…と、ちょっと飛ばしめで高速道路追い越し車線を走行していると見覚えのある車が!
あっさり追い付けちゃいました。注)通常は走行車線をオートクルーズ80キロ設定でゆったり走行です。

そのまま追い越し車線をちょっと飛ばしめで走行していると、エアコン(冷房)いれてるのになにか背中が暖かいなとおもったらFFヒーターを朝から(正確には深夜12時30分~)つけっぱなしだったことに気づき、途中PAでヒーターをオフにしてまた、追いかける展開に。

目的地に向かう高速の降り口でなんとか追い付き、途中渋滞に巻き込まれながらも火がくれたあとに目的地に無事到着!
霧はでるし暗かったのですが、すんなり目的地に到着できたことはラッキーでした。追いつけてよかった。

RVパークのオーナーさんはBBQのセッティングをすませていて、私たちの到着後すぐに炭をおこしてくれたのに感謝しつつ赤い牛をゲットするため近くのスーパーに。


出向いた先のスーパーに立ち寄るキャンカー旅する方のブログをたまにみますが、これは楽しいかもですね。


RVパークではもう焼くだけ状態。
飲み物のためのクーラーボックスと氷まで用意していただき、さらにおいしい差し入れまで!

RVパークの経験がここしかないので、これが基準になっていいのでしょうか?

そうこうしているうちもうおひとかたも到着して夜の部スタート。キャンカーや今回のショーの話など炭火を囲み、楽しくゆったりと時間は過ぎていきます。


前回停電でいけなかった温泉に向かいます。私のではないGTを運転させてもらいました。あまりゴツンゴツンしない……。いいなあ。
露天、半露天、内風呂とどれも結構なお湯でした。



今回ここまで約800キロ走行したせいか、朝寝坊。


朝食も美味でした。スコーンと自家製ブルーベリージャムにコーヒー。
追加で炭の上で沸かしたお湯でインスタントコーヒー。これもおいしかった。
DSC_1661_R.jpg
DSC_1664_R.jpg



なぜか、いっぱい運転して、つかれたはずなのにリフレッシュできるんですよね~。


お昼前、南阿蘇の道の駅に移動。何やら南阿蘇大復興祭という東海大学阿蘇キャンパスの学生が中心としたイベントがあったようです。広い駐車場は満車。警備員さんに聞いたところ、例年は新そば祭りがあるらしく、この日から新そばが食べられるのだそう。

無性にそばが食べたくなり、近くのお蕎麦やさんへ。
新蕎麦は美味でした。
昨日も人混みの中だったので、復興祭は見学せず帰路へ。

今回も楽しめました。
でも、ショックを交換したGTと自分のノーマルショックとの乗り心地の差に、足回りの快適化を真剣に考えてしまいました。12月だし、なんとかならないかな?

サンタさんにお願いしてみます。

2016.11.27 Sun l キャンピングカー l コメント (3) l top
FC&OS2016を昨年より楽しめました。
昨年はキャンカー納車前後で舞い上がってました。

今年は,1年じっくりキャンカーで遊んでみたいポイントも変わりました。
UIビークルの方とじっくりお話ができたこともよかったです。
スタビ,ショック,リーフの特性とをお聞きすることができ,
自分の乗り心地への不満をどうすれば改善できるかアドバイスしていただけました。



でも最大の楽しめた要因は,趣味を同じくするお知り合いができたことです。
これにつきますね。

キャン(ブロ)友を通じて,購入したショップ以外でも,楽しく話すこともできました。いろんな車を一緒に見学したり,ソロ行動したりで自分では気付けないことにも気づくことができたりもしました。気になるポイントは人それぞれで面白いですね。
特にトイレについては,意見が分かれるところですね。




前回と内容がかぶっているかもしれませんが,詳細を。

訪れる前の一番の目的は,バンテックの新しいライトキャブコンを見ることでしたが,
ローラーチームのバンコン,サンリビングのキャブコン,ちょっとそそられました。
img_body_left_side_R.jpg
lido_R.jpg



ローラーチームのバンコンは,ハイエーススパロンよりちょっと長いだけ。標準で右ハンドル。幅は大きいですけど,それでこの価格は・・・・・。かなり心を動かされました。アブない,あぶない。外部収納があれば本当に理想的な車かもしれません。オプションのエアコンはルーフ型。セパレートエアコンがつかないのもちょっと残念。

斜め前には,トイのバンコンが…。スーパーハイルーフにオプション付けると,絶対ローラーチームのほうが安くなりそうな・・・・・

最近,近所で外国車率が高いのは,海外の車がお安くなってきているのでしょうか?


サンリビングのは約7メートル。幅も2.3m
快適性は◎。でも自宅は何とか庭をつぶして大丈夫としても,出先での駐車場の問題に直面するのは間違いないです。でも,ジルクルーズとあまり変わらない価格設定にこちらも心揺さぶられるものがありました。外部収納も広い!セパレートエアコンにも対応可能とのことでした。個人的にはアドリアの内装より好きです。

気になることも1つありました。
見た目はかっこいいデュカトですが,日本のフィアット正規取扱店では取り扱いのない車なんだそうです。まあキャンピングカーのベース車ですから,正規ディーラーでの扱いがないのは当然かもしれません。車の駆動部や電装関係について疎い者にとっては,不安です。整備の度に遠出するのも面倒です。

どちらもショップの方にかなり長い時間説明していただけました。個人ではなかなか聞けないことも複数だと色々なことが聞けるのもいいですね。他の方が聞いているときに,好きな場所を確認できたり,複数攻撃はなかなかGOODです。


国内の車では,トムシリーズ(ライトエースベースのみの展示でした),リバティーNSシリーズの展示がなかったのは残念でした。



今回は運転席にたくさん座らせていただけました。カムロードは私には狭い。デュカトはリクライニングが独特で気に入るポジショニングができそうでした。ハイエースにはレカロのエルゴメド付きを発見し,乗りこんでみました。
現状の快適化は,やはりシートのレカロ化だと思うことでした。でも足回りが先かな?

気になったのは,ハイエースの純正シートにアームレストが加工して取り付けている車がありました。これは強度的に体重をかけても大丈夫なのか気になりましたが,近くに対応してくれそうな方がいなくてそのままきけずじまいでした。


自分の好みとして,ベース車の走りの問題を重要視していることが再確認できました。
国産のキャンカー専用のデュカトのようなかっこいいベース車が発売されれば何も迷わないのですが…。

そういえば,今回はバスコンも1台しか展示されてなかったような。






次回は,わんこと相方を連れてグランメッセに行きたいな。

2016.11.24 Thu l キャンピングカー l コメント (4) l top
タイトルは略語にしてみました。
分かりますよね?

この場所に到着するのに600キロオーバーを走行しました。
いろいろトラブルがありまして・・・。途中豪雨にもみまわれました。それ以外がもっと大変でした。


何とか無事到着ですが,ちょっと?と首をかしげる光景に遭遇しました。
開場時間を過ぎているのにもかかわらず,第1駐車場すら満車になっていない・・・。それどころかまだ4分の1は空車の状況です。

車を停めてチケットを購入。これも誰一人としてならんでいません。すんなり入場。
会場に入り,人の少なさにまずびっくり。

昨年度駐車場に入れなかった&チケット購入に長蛇の列だったことを思えば,今回の状況にびっくりです。
もう,キャンカーブーム(?そんなものあったのでしょうか?)も終わり?
とりあえず担当さんにあいさつをすましてお目当てのキャンカーを見に行きます。

そう,私が出かけた先は,福岡キャンピングカー&アウトドアショー2016です。

さすが人気車種で,すんなりとは入れませんが待ち人数は1組,そう,私だけです。
他は意外とすんなり見ることができたのでよかったです。


この日は11月とは思えないほど暖かく,半そでシャツで十分でした。


ショーを見た感想。
1 アウトドアショーとも書いてあったので,さぞたくさんのメーカーも出展していると思っていましたが,残念でした。
  これは,ちゃんとHP確認しておけばよかったと思いました。通常のキャンピングカーショーと同じか逆に少ないくらいに感じました。

2 国内カムロードベースのキャブコンと海外デュカトベースのキャブコン(一部海外バンコンも含む)の価格差がほとんどなくなってきている。
  現在,あまりキャブコンには興味がないのですが,デュカトベースのキャンカーも価格と人気のバンテックのジルシリーズは競合するくらいの価格帯です。大きなキャブコンのゆったりとした室内はとても魅力的でした。また,車としての走行性能や安定性も海外性が上。ただ,国内の道路や駐車場事情を考えると2×5のキャブコンも魅力的です。将来的にはこんな車に乗りたいと考えてしまいます。私は走りと室内インテリア重視でデュカトベースが好みでした。ただ,昔からよく言われる電装系のトラブルは,いまでも残っているらしいです。たとえば,どこにも問題はないのに警告灯だけついてしまうとか。
メンテナンスについてもデュカトは日本のフィアットディーラーでは扱っていないのでメンテナンスについては不安が残ります。国産車ももっとスマートで洗練されたものを作ってもらいたいな~というのが本音。トイが以前販売していたモデルノみたいなものをどこかつくてくれないでしょうか?
あ,そういえばカムロードもモデルチェンジらしいです。興味があまりないので詳しくはききませんでした。

3 やっぱりグランメッセ熊本がキャンカーを見学するにはいい。
 キャパ容量が駐車場にしても展示スペースにしてもグランメッセがキャンカーには似合っている気がします。なんとなくですが昨年も今年も感じました。震災復興の手助けになっているかはわかりませんが,熊本に遊びに行く機会は格段に増えています。がんばろう,くまもと!来年はキャンカーショーが熊本でも開催されることを願っています。

4 おまけ。喫煙スペーでにアiqosの販促キャンペーンをしてました。
  後姿の写真撮影をして,クリーニングきっとをゲット!ラッキー。本当は予備でもう1セットほしかったのですが,それはありませんでした。

今回は,1年キャンカーを利用した後のキャンカー見学だったので,購入するときと見方が多少変わったのかもしれません。十分に楽しめました。楽しめた結果,写真を1枚も撮っていなかったので文字ばかりとなってしましました。


楽しめた理由はこれだけではありません。
それはまた次回。


2016.11.21 Mon l キャンピングカー l コメント (6) l top
1年近く乗っているハイエース。
家族はぴょんぴょん跳ねる3rdシートでもあまり文句も言いません。
たま~に揺れで「おっっ!!」と声を上げることもありました。
苦情があったのは,走行中,クリップ式ドリンクホルダーからペットボトルが落ちた時。

最初からトイのショックやスタビライザーは装着しようと考えていました。ビルダーさんから「取り付け工賃も納車時なら無料でいいですよ」とも言われていました。でも200系はかなり改善されているとのことで,ディーラーさんから「とりあえず純正で乗ってみてそれから考えてもいいのでは?」と言われたので,純正のままにした経緯があります。純正を知らずにアフターパーツをつけるとその違いが分からず,アフターパーツのありがたさがあまり分からないのではないか?ということで納得しました。

ちなみに,トイのHPのパーツのページからトーションバーがなくなってます。現行のハイエース純正と太さがかわらないものになったので販売をやめたそうです。純正もマイナーチェンジごとに快適化をしっかりしているんですね。


話は戻って,乗り心地の話。
最近,母親を乗せたとき,かおなし♪さんを3rdシート乗せた時,
「かなり跳ねる」というニュアンスのことを言われたときに
何か対策をしたほうがいいのかな?と考えるようになりました。


我が家ではこの車は私しか運転しないので,運転席では「こんなもの」と予測していた範疇だったのであまり気にしていませんでしたが,上記のような感想を聞いてやっぱり何か対策をしたほうがいいのかな?と思うようになりました。


まずは,純正のアルミとタイヤ。
出かける前にスタンドで空気圧を適正に点検してもらっています。
これでも少し改善しますが,段差はやはりきついです。


ハイエースのワゴンのフワッとした感覚と違い,ガタンという感じで路面の段差を拾います。
これってやっぱり,室内建具にもよくなさそうですよね。
ということで,いろいろ悩み中です。すぐに換えるということはないかもしれません。DIYも私には無理なので,業者に取り付け依頼すると思います。資金をまず確保する時間が必要です。

まずは情報収集。ネットで色々見てリーフ(板バネ)交換が一番よさそうですが,構造変更のため車検のとり直しになるし,高価なのでとりあえずパス。スタビライザーはコーナリングとかにはよさそうですが,段差を吸収してくれるものではないですよね?リアスタビのみ装着には賛否が分かれるところがあるので今回は考えません。

ならばということでショックの交換を考えます。
ただ,これが安価なものから高価なものまでいろいろあるので迷ってしまいます。

img_main_samurai_R.jpg
有名なモンロー。装着率が高そうですが,最近の評判を見ると意見が分かれてますね。意外と安価です。
KYBエクステージ_R
KYBエクステージ。これも安価な部類ですが,12?14?段調節できます。
クスコツーリングA_R
クスコ ツーリングA もとはKYB。トイから出ているものと同じ種類。味付けは違うのかもしれませんが,14段階調整できるので,同じようなフィーリングになるのではないかな(勝手な思い込み)?値段(こっちが安い),または色の好みで選んでいい????

UIビークルコンフォートショック_R
UIビークル コンフォートショック KYBのものですが味付けはどう違うのでしょう?評判はいいみたいですが・・・
ランチョ_R
有名なランチョ。昔,4輪駆動車乗りには憧れでした。
timthumb_R.jpg
トイ×KYB ラジカルショック  車がトイ車なので,これが純正?
ビルシュタイン_R
超有名。ビルシュタイン。評判いいですよね。これくらいならがんばれそうな価格設定も・・・悩む・・・・・。
オーリンズ_R
憧れのオーリンズ。もっと評価高いですよね。価格も高いですが。
rimエナペタル_R
エナペタル(RIMとのコラボ)RIMcorpはいろんなメーカーをチューニングしていますね。エナペタルは個々にチューニングしてくれたりオーダーにも対応してくれるようです。でもそうなるとかなり高価です。

まだほかにもあるんだと思いますが,これまでに気になったのはこれらのショック。
価格も様々です。
消耗品ですから,耐久性についてもまだ実際よく分かっていません。
資金繰りとネットの評価をみながらじっくり考えたいと思います。

あと1年は辛抱して車検の時かな?となんとなく考えています。

純正をチューニングするものもよさそうですけど,通販がないので無理そうです。
社外品に交換した後,純正のショックは皆さんどうしているのでしょう?
長く保管できるのなら社外品がダメになった時,チューニングし直して再利用することもできますが…・
これってできるのでしょうか?






長期スパンで快適化を考えると愛着もわいて長く付き合えると思います。
ただ,快適化を考えるとすぐにやりたくなってしまうので,我慢ですね。
2016.11.02 Wed l キャンピングカー l コメント (5) l top
車に乗り始めてずっとレーダー探知機を利用しています。

最初は,自動ドアなど特定の場所でうるさいほど音が鳴ってました。本来の目的を果たしているのか分かりませんが,スピードを抑制する効果はあったと思います。センパイからのおさがりでしたが,最初からつけていたので,これがないと意味もなく不安です。


最近のものはGPSで車の位置を把握して,取締りポイントなど知らせてくれたり,オービスまでの距離をカウントダウンしてくれたり重宝しています。画面も大きくなり,時計としても利用できます。OBD2接続だと,スピードやエンジンの回転数なんてのも表示してくれます。スピードメーターとレーダー探知機で見るスピードは結構差があります。レーダー探知機が100キロだと,車のスピードメーターは95,6キロ。これってどちらを信じるべきなんでしょうか?今のところレーダー探知機の表示でクルーズコントロールをしています。

以前のデリカの分は小型車に移設。

ハイエースには新しく購入したものをつけました(正確には付けてもらいました)。

これまでのものでもよかったのですが,知らない土地を走ることが多くなるということで,ドライブレコーダー連動のレーダー探知機を購入。これは以前も紹介しましたね。モニター一体型のドラレコは重そうだったので,セパレートタイプを探していてレーダー探知機の画面がモニターー兼用できるなら・・・・と選択しました。
前方を表示しているとなんだかわくわくしますね。もう慣れてしまって,あるのが当たり前になってしまっていることも事実ですけど…。


やはり,取締りポイントを教えてくれたり,けたたましい音で,取締りを教えてくれるので,スピードを出していなくても安心感はありますね。夜は眠くなった時に話しかけたりして遊ぶことで,楽しんで(?)ドライブしてます。


ずっとユピテル派だったので,セルスターは初。ドラレコ連動はこれしかなかったので指名買いでしたが,これまでと勝手が違うのがオートディマー機能がないこと。ユピテルのは,トンネルに入ると勝手に暗くなりますが,セルスターのは,そのままなので,少々まぶしいのです。いろいろ検索しましたが,オートディマー機能はないようです。
暗めの設定だと日中は見づらいのである程度許容できる範囲で明るさ調整しています(が,夜はまぶしいです)。
声色の設定もユピテルが好みですが,これは慣れですね。もう慣れました。




音について書いていたら,デリカの純正ナビは県境を越えると,「○○県にはいりました」と言ってくれるのがありがたかったのですが,今回の社外クラリオンナビにはありません。県境で「よしっ!」と盛り上がることがなくなって少々さみしいです。




まあ,どうでもいい話でしたね。
でも,私にとっては,レーダー探知機は運転中の心の安心,ってお話でした。








2016.07.19 Tue l キャンピングカー l コメント (0) l top