先日ポリタンク洗ったところまででした。

後日,清水ポリタンク内の水の処理をする際にポンプから結構な水が流れてきました。
半分以上水が入っていたこともあり,しょうがないことなのでしょうが,納めてあるボックス内は『塗装していない木』です。

何か敷いたほうがいいだろうと考えて,とりあえず梱包用のプチプチ(本当はなんていうのでしょうか?)を底に敷こうと考えたまではよかったのですが・・・・。

鍵を持ってスライドドアを開けました。ポリタンクの場所には外からアクセスできます。本当によくできています。外からはちょうど良い場所に手をかけて引っ張ることができる空洞が2か所あります。それを引っ張ってしまいました・・・・・




ロックがあることも忘れて。



ロック,壊れました。

『こんなにもろいの?』と,自分の不注意を責任転嫁するかの如く思いました。

ロックがない=走行中,ブレーキとか下り坂でタンクの収納が滑り出てくる可能性がある⇒修理⇒修理に持っていく⇒高速代,往復だけで約1諭吉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+部品代+工賃。

追記2)分かりにくいので写真をアップ。
上の写真の丸い部分を押すと,丸い部分が飛び出してロック解除&開ける(スライドさせる)つまみになります。これを使わず,下の四角の空洞に手をかけて無理やり(今考えてもそんなに強い力ではありません)開けようとしたら,下の写真の茶色の部分が破損したということです。破損してネジから外れてしまい,ロックボタンを押しても奥に茶色の部品が押し込まれるだけになってしまったのでした。下の写真でお分かりかと思いますが,通常のドライバーは狭くて使えません。

P2180016_R.jpg

P2180019_R.jpg

上記写真は,修理後です。しっかりロックは機能しています。(追記2終了)


ここは,とりあえず自分でやってみるしかないと思い,チャレンジ。このような作業はホント苦手ですが,なるべくお金をかけたくない。

まず,ロック部分の壊れた場所をライトで照らして確認。部品とネジが分離している。部品のプラスチックがひび割れていることも確認できました。とりあえずはずそうと思いましたが,はずせません。板と板の間の隙間が6センチくらいしかなくドライバーが入りません。どうやって取り付けたんだろう??

やっぱり修理に持っていく??

職場で『狭い場所で使えるドライバーってあるの?』と聞いてみたところ,薄いラチェットで短いドライバーの先端をはめて回せることを教えてもらえました。


翌日,早速ホームセンターへ向かいます。
店員さんを呼んで,
「狭い場所で使えるドライバーかラチェットありますか?」
と聞いてみたところ,あるんですね,先端の90度曲がったドライバー。びっくりです。
でも,小型で薄型のラチェットもあったので,そちらを購入。先端が5種類くらい付属していたのでネジ山が合わないときを考えて念のため。

意気揚々と帰宅後すぐに取り掛かります。

こんなに簡単にはずせるなんて!!!感動的でした。

はずしてみると,やはり強引に(そんなに強い力ではなかったと思うのですが)引っ張った影響でネジ頭が引っ掛かる部分のプラスチックが割れてました。つまようじをはさんで割れている部分を広げて瞬間接着剤を流し込んで手で押さえつけて接着。周囲も補強のため(補強になるのかな?)瞬間接着剤でコーティング。

乾いたところで元の場所に固定。もちろん小型極薄ラチェットで。ぐらつかず,締めすぎないように様子を見ながら締め付けます。



完成!!!!

ロックボタンを押します。

大丈夫。



もう一度。

大丈夫。


もう一度×10くらい。

大丈夫。


よし,復活!!!!!





天気もいいので,そのままお出かけ。近くの道の駅で,地元野菜のてんぷらやおにぎりを購入して,GT内で食事。窓を開けて気持ちいい風を感じながら過ごしました。

あっ,もちろんプチプチはポリタンク下に敷きましたよ。


追記1)
このロックは,引き出しにも使われているので,そんなに高価なものではなさそうなので今度ビルダーさんに注文して今度壊れた時のために確保しておくことにします。

修理は完了してよかったのですが,やっぱり不満はあります。このロックするパーツ,ネジでとめる部分はせめて金属にしてほしいものです。
スポンサーサイト
2016.02.12 Fri l 納車後 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿