連投です。

3

ダークプライム仕様。これって,上からパネル貼り付けではなく,取り外して交換なんです。マホガニーパネルの右隅にあるのは,静電気防止?のトヨタ汎用のパーツです。シートカバーとともに静電気対策です。よく着用するフリースだと静電気がばっちばちなもので。個人的には必需品です。


下にちらっと見えているのはスパイシーチューンのシートカバー。本当はレカロとかいきたかったのですが,座面が上がるとヘッドクリアランスが微妙・・・というか,前が見にくくなりそうだったのでシートカバーで我慢。もちろん助手席も。




5

続きまして,少しだけ後方。見て分かりますか?

グランデ仕様ですが,スライドドアにカーテン付いてます。普通ついているのかは知りませんけど。どうなのかな?。理由は,普段スライドドア以外はエアロウィンドウに組み込まれたスクリーンカーテンを後方も含めて閉めています。左斜め後方確認のため,スライドドアのスクリーンだけは開けています。さっと閉めるためには,カーテンがあったほうが便利なんです。
分かりにくいと思いますのでもう少し説明しますと,スクリーンカーテンは,結構面倒で,両手でうまいこと持ち上げないと平行に持ち上がらなくって面倒なんです。ダイネットに移動して基本スライドドア以外すべてのスクリーンを閉じているので明り取りは必要です。なるべく寝る時以外のスクリーンの開閉はしたくない。だから,さっと横にひけるカーテンが便利ということです。
また,通常よりカーテンは長くしてもらいました。理由としては,カーテンくらいでどうにかなるとは思いませんので気休めなんですが,スライドドアの断熱には若干の心配があったことと,スライドドアを出入りのとき開放したときに少し長めのカーテンを閉めておくと,足元くらいしか外からは見えません。ダイネットをベッド展開して寝ていれば基本的に見えません。通常の長さだとダイネットに座っている腰くらいまで見えちゃいそうだったし,寝ている姿も若干見えそうなことも長くするメリットですかね?デメリットは汚れが付着しやすそうなことかな?メリットのほうが大きいと思います。

もう一つ。気付いた方もいるでしょうが,コルドバクルーズのように,フロントまわしにパーティションカーテンを変更していただきました。これにもメリット,デメリットが。
メリット。車内の覗き込み防止になります。フロントにカーテンをまわすと見ようと思ってものぞけないでしょう。また,室内が広く感じられます。これが一番。
デメリット。一人で車中泊なら一度降りて助手席側のカーテンを引っ張ることになります。結構面倒です。さらに,カーテンレールが運転中の視界に入ります。若干ですが視界は狭くなってしまいました。また,着替える場合に,フロントとダイネットのしきりにならないので,もしも年頃の御嬢さんがいて着替えることになったら,やはりお父さんといえども車を降りるしかなくなることですかね。そういう年頃のお子さんがいるとすれば,デメリットとなるとおもいますよ。仲良し親子なら全くデメリットにはなりませんね。

スピーカーは埋め込みで,かろっつぇりあがついてました。特に指定はしていなかったので,一応知っているメーカーのものでよかったのかな?


以上,お車紹介②でした。

スポンサーサイト
2015.12.16 Wed l キャンピングカー l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿