連投です。

あまりこれまで触れていません(最初に言ったかな?)が,私,かなりBigSizeです。

キャブコンへのあこがれもあります。ダイネットでまっすぐ立てるし。
でも室内でまっすぐ立てることを捨ててバンコンを選びました。

理由は色々つけて書きました。トイの内装に惹かれたことも大きな要因ですが,最も大きな要因は運転が普通にできることでした。ハイエースに架装してバンクベッドとかついているキャンピングカーもありますが,無理です。最近知りました。標準ルーフ車なんですね。でも,最近ハイルーフ車を架装しているものもあることを知りました。知っていれば購入検討できたのかもしれません(相方的に無理なのですが…)。
標準ルーフ車では頭を45°くらい曲げた状態で運転することになります。なのでシートをリクライニングしてクリアランスを確保します。そのため運転席後部にシンクなど設置している車は必然的にアウトとなります。当然ドライブポジションはよくありません。ハンドル位置を前後できるといいのですが,そうもいきません。

トラックベースのものも無理な場合が多いです。足元の長さが不足します。足首への負担が大きそうです。がに股運転が必然です。また,頭上は何とかなるにしても,信号待ちで先頭にいると信号が見えないことは明らかな位置です。また,リクライニングが微妙です。


必然的にハイエーススーパーハイルーフがベストな選択となるのかもしれませんが,経済的に無理と判断し,ハイルーフに落ち着くこととなりました。

190㎝をこえる方々,キャンピングカーショーでは,必ず運転席に乗り込んで確認をしましょう。あとで取り返しのつかないことになります。



本当に余裕があれば,外国のキャンピングカーが運転を考えると理想的です。
スポンサーサイト
2015.11.09 Mon l 購入記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿