①の続きで,約10年前のキャンピングカーショーの話です。

キャンピングカーショー会場に到着。
キャンピングカーショーなのに駐車場にはキャンピングカーがたくさん!
買い替え?

早速車を停めて,犬とともに会場へ。
子どもは,犬と大勢の人たちのいるところへ来たのは多分初めて。
会場に入るまでに多くの犬と遭遇し,同じ犬種の犬を連れているところで立ち止まり飼い主同士で話をしたり,なかなか会場にたどり着きません。

建物の中ではさらにたくさんの人,人,人。もう犬はだっこして歩きます(こどもが)。
食べものや衣類などいろんな出店があり,キャンピングカー以外を目的できても楽しくすごせそうでした。

チケットを購入して,会場内へ。
あまりキャンピングカーには興味はありませんでしたので,大きな外国のキャンピングカーにばかり目が行きました。
もちろん買う気もなかったので,豪華そうな装備の車を中心に見学しました。
今考えると,ハイマーなどだったのかな?と思います。

「こんな車を購入する人ってどんな人なんだろう?」
「(買う気もないのですが)買っても駐車場がないし・・・」
「職場には乗っていけないから1台追加でキャンピングカーを購入するのかぁ(無理!)」

そのときのことで覚えているのは,シャワールームやトイレ,バンクベッド(こんな呼び名は知りませんでしたが),回転する運転席や助手席などいわゆるキャンピングカーの装備。
鮮明に覚えているのが,これまで乗ってきた車では考えられない(ベッドに上がる)ハシゴ。最も記憶に残っている意外な装備は,フロントガラスサイドについていた蛇腹のカーテン(スクリーンかな?)!!なるほど,よく考えられているんだ~と感心したものです。

そのあとも キャンピングカーショーなので数台の車を見たと思いますが,大きくて豪華なキャンピングカー以外は記憶にありません。それよりも犬とお出かけできた子どもの嬉しそうな顔が印象に残っています。

近隣の地域のB級グルメのような出店もあり,食事をしたり楽しく過ごせました。よく知らなかったのですが,犬の撮影会がありそれにも参加させてもらいました。雑誌に掲載されたのかどうかはわかりません。

目的がキャンピングカーではなくても,とても楽しいショーでした。




今考えてみると,この経験が少しキャンピングカーの『いろはのい』を教えてくれて,10年後にキャンピングカーを購入しようと考えるきっかけになったのだと思います。



スポンサーサイト
2015.09.02 Wed l 購入記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿