おやじの会開催のとき,初めて海外からの荷物を開封しました。
自宅で梱包だけははずしました。
DSC_1972_R.jpg
で,開封し,本家と比較。
DSC_1984_R.jpg

本家を所有の方はサンセットチェアのコンフォートタイプ(写真右)。
私の購入したのはスノーライン,ラッセチェア(写真左)。本家のチェアワンタイプ。
スタイルが異なるので,単純に比較できませんが,一応ネットの情報をもとに数値でも比較。

ラッセチェア
重量:1.01kg
サイズ:使用時/530(W)×500(D)×720(H)mm,収納時/350(W)×100(D)×120(H)mm
シート高:390mm
耐荷重:200kg
素材:フレーム/7076ジュラルミン+ABS、シート/600Dポリナイロン(PU1500MM)+メッシュ

チェアワン
重量:890g
サイズ:幅520×奥行き500×高さ660mm、収納時/幅350×100×120mm
座面高:34cm
耐加重:145kg
素材:脚部オリジナル合金製ポール「TH72M」(チタンやアルミニウム、銅などの素材を混合した合金素材)

サンセットチェア
【重量】1.34kg(1.48kg) ※()内はスタッフバッグ込みの重量です。
【サイズ】59×73×98cm(幅×奥行き×高さ)
【座面高】46cm
【耐荷重(静荷重)】145kg


《参考》キミチェア
素材:フレーム/7076ジュラルミン+ABS、シート/600Dポリナイロン(PU1500MM)+メッシュ
サイズ:収納時/420(W)×140(D)×145(H)mm、使用時/530(W)×740(D)×930(H)mm
シート高:420mm
重量:1.25kg
耐荷重:200kg

ラッセは販売しているネットショップで内容が異なるので,ナチュラムのものを採用。他は,モンベルに記載の内容です。ちなみにヘリノックスは標準の数字です。コンフォートタイプのものではありません。

写真では同じ赤でもちょっと異なるかな?って感じに見えますが,かなり色は似ています。本家の赤のチェアワンよりサンセットチェア(コンフォートタイプ)よりだと思いました。記事はラッセのほうが少しツルツルするかな?本家よりメッシュ部が大きくて通気性はいいのかもしれません。このあたりで軽量化なのでしょうか,デザインなのでしょうか?
ブランドタグは茶色でほぼ同じ。場所が違いますけど。このあたりもチェアワンよりサンセットチェア(コンフォートタイプ)に近いです。スノーラインはヘリノックスのスタンダードとコンフォートの間のデザインかな?収納ケースは気を使わずに済みそうなスノーラインのペラペラなもののほうが好みです。ヘリノックスのコンフォートタイプは地面に置き忘れて濡れたりしたらショックが大きそう。

本家は軽さを追求し,オリジナルの合金を脚部に採用しているので軽いのだと思われます。
チェアワンがあれば詳細な比較ができるのでしょうが,無いものは仕方ないです。
数字から見ると,座面高がチェアワンより少しでも高いので,ラッセでよかったかな?
耐荷重は何と本家より55㎏も多いんですよね。
ほんとかな?

強度については,脚部より布のポール差し込み部分かと思われるので,そこも比較。
ラッセ
DSC_1986_R.jpg
サンセット
DSC_1987_R.jpg
縫製など同じようにしていて強度的には問題なさそうです。ただ,本家は黒い布。糸や布などしっかり補強していそうです。若干不安。問題の差し込む部分は,本家は布(帆布のようにざらざら),ラッセはゴムのような感触(つるつる)でした。
本家との大きな違いを感じたのはこの部分かな?
ゴム系だとしたら,脚部がさほどかわらないとすれば,初期は耐荷重が大きくても大丈夫なのはわかります。硬化して裂けてくる恐れがあるので,経年劣化がちょっとこわいですね。ラバー保護材でも塗りこんだほうがいいのでしょうかねえ。でもラバーなのかも分からない。まあすぐに破れることはなさそうなので及第点はあげられると思います。


ちなみにチェアワンとラッセチェアの本日の価格差は4316円(コンフォートとの価格差は5801円)。この差をどう考えるかですが,同じ国のものですし,このメーカーのものは(私は知りませんでしたが),登山する方には杖?とか,もっとコンパクトなチェアは評判がよろしいようなのでコスパが高い商品なのではないかと期待しています。後発のパチとは一味違うものであってほしいと思う今日この頃でした。
ハイバックタイプもサンセット(コンフォート)に似せているとするならば,その差額は11985円。ノーマルなサンセットとは7563円差。本家(コンフォート)の半額以下ですが,さてどうしましょう?メッシュ部分が広くて涼しそう。幅や高さは少し小さめです。

スノーラインに耐久性があるとするなら,概ね満足しています。あまりにもメジャーなものはなぜか避けたがる傾向にあります(車はメーカー,ビルダーともに最大手ですけどね)。座っていると少しゆらゆらするのですが,それが心地いいです。背もたれに寄りかかり,後脚2本(前脚を浮かす)でも壊れそうな不安な感じはありません。本家のもそうなんですが,背もたれ部分のパイプの継ぎ目のほうの耐久性が心配になります。もし折れたりしたら後方へ落下することになりますからね。しいてあげるならもう少し座面が高いほうがいいと感じました。立ち上がるのが若干辛いです。通常のテーブルの高さだとつらいかな。でもローテーブル仕様での使用については問題なしです。
それと,イスが小さくなると,収納が狭いGTでは助かります。もう1脚購入したいのですが,同じか,ハイバックにするか…

あと,本家との違いはオプションの有無。スノーラインにオプションがあるのかどうかは確認してませんが,多分無いんじゃないかな?

珍しく,結構詳しく考察してみました。
どなたかの参考になれば幸いです。

自分のロゴスのチェアとの比較は忘れてましたので,またいつか。
スポンサーサイト
2017.06.19 Mon l 徒然 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿