足回りの快適化というと,
タイヤ,アルミ,ショック,スタビライザー,トーションバー・・・・
色々ありますが,

要は快適に運転できればいいのです。
まあ今のところ可もなく不可もなく・・・・ちょっと不満はありますけど。

1年間ハイエースに乗ってみて,いろいろ調べてハイエースバンには最初からそんなに期待はしていなかったので,そんなに違和感はないのですが,気になる点はあります。


×後部で跳ねる荷物
意外とこれは大問題で,収納はたくさんありますが,クッション材などで保護しながら収納せざるをえません。
最初は荷物を積んでいるんだから多少のがたつきはしょうがないと思っていましたが,
だんだんと荷物が増えて結構クッション材の厚みでさえ収納スペースがもったいなく感じてきてます。
路面の段差で荷物の跳ねる結構な音がします。
運転席ではありえない,後部席ドリンクホルダーからペットボトルが落ちたのにはびっくり。固定式のドリンクホルダーではなかったことも一因ですけどね。
クローゼットの予備ハンガーも横揺れで扉にコツコツ当たる音がするので,パイプから外して下に保管。
揺れよりも音が気になります。
きれいに使用したい気持ちから,揺れて棚の中が傷つくかもしれないという不安が何より大きいことは自分でも分かっています。
身の丈に合わない高い買い物でしたから。


コーナリングでのロール感
これは長いので仕方がないものと思ってましたが,ボディがねじれるわけで,
これはきっと架装部分への負担が大きいのではないかと・・・。

風の影響
なぜ,バスやトラックは強風の中で結構スピードを出せるのでしょうか?
慣れ?それともやはり何か対策がされている?
なら,ハイエースも対策すれば風の影響も抑えられるのでは?
高速のトンネル後の橋,強風のときはものすごい恐怖です。


気を使いすぎなのかもしれませんが,気になるんです。
揺れやロールを抑えることができれば,精神的にも楽です。
たぶん,腰への負担も軽減されるものと思います。

さて,何をどうすれば楽しくドライブできるのか・・・・。











こんな時はネットで情報収集。

でも,専門用語が多いし,いろいろありすぎてよく分からない。
でも,専門用語や仕組みを知る上では参考になりました。


でも,何をどうすればいいかはわからず。
色々交換したりつければいいってわけではないらしい。







じゃあ,ってことでアフターパーツ販売会社数社に質問。
自社の製品を進めてくるのは当たり前です。
でも,的確に教えてくれますし,高価な製品をごり押しすることはどこのパーツ屋さんもありませんでした。
これが商品を売る「手段」なのか。それとも技術屋さんのこだわりなのか?後者だと感じました。


ただ,キャンカーに精通している会社は限りがあるし,どのアフターパーツ屋さんも,
経験豊富な信頼できる整備工場でしっかり調整してもらうことが,商品の価値をフルに発揮できるというようなことを言ってました。

ネットでは,自分で取り換える・装着する方々も多いですが,工賃を支払い,製品の機能をフルに発揮できるほうが自分には向いていると思いました。



なんとなく見えてきました。
浅はかな自分の知識で決めない。
ハイエース(キャンカー仕様)施行実績が多く,信頼できる整備工場の言うとおりにしましょう。
費用との折り合いさえつけばの話ですけどね(これが一番の問題)。
購入したディーラーが一番いいとは思いますが,遠い・・・・・・
あ,もう少し近くにあった!


余談です。
今回の私の考える快適化ではあてはまらないのですが,足回りと言えば,ボディー下部というイメージ・・・・・ですが,快適に動く(動かす)ためにはシートも足回りなのかもしれませんね。


余談2
この前納車から1年が経過しました。
飽きることないどころか,他の趣味をそっちのけで楽しんでます。
リタイア後の楽しみのための準備期間ではなく,仕事へのモチベーションになっていると思われます。

他の大きなキャンカーに目移りしないようじっくり快適化を進めていきたいと思います。
前車もちょこちょこ快適化を実施。そのおかげで17万キロオーバーでしたから。


余談3
他にも室内快適化にチャレンジ。
また今度。
スポンサーサイト
2016.11.29 Tue l 快適化 l コメント (4) l top

コメント

トラックは後輪がダブルなので比較的安定していると言えますが、雑貨を運ぶアルミの荷室を持ったものは横風に弱く、爆弾低気圧の時などよく橋の上で横倒しになります。
ハイエースの場合それほどではないのでしょうが、やはり強風のなかでは傾いたり風下へ持っていかれたりしますよね!
私も新東名でビックリしたことがありました。
ナッツのミラージュに乗っている方のブログが、サスとスタビを替えたら風の恐怖から解放されたという体験をアップされていたので、これは効果がありそうですね。(JIJI録旅録)
重心が低くサイズのわりに重たい活魚車でも、強風下の瀬戸大橋は結構な恐怖体験でしたよ。何で風避けを設置してないんだよと道路公団を呪ったものでした。
長旅に出掛けられるようになったらスタビは必要かなと考えています。
hop車がどのような変貌を遂げるか、とても楽しみです🎵
2016.11.29 Tue l islander. URL l 編集
No title
トラックやバスは単に重量が重いからあんなにスピードを出せると思ってたけど、そうでもないようですね。
やはり慣れなんでしょうか。
自分も最初は怖い思いをしたけど、最近は高速でも慣れてきたように思います。
まあ、あまり慣れない程度が安心な気はしますが・・・。

うちのリコルソは後部の荷物がはねるようなことはあまりないですね。
ミニバンには敵わないけどかなり安定した走りだと思います。
まあ、その分スペースを犠牲にしてますよね。
一長一短のようです。
2016.11.29 Tue l かおなし♪. URL l 編集
islanderさん
サスにスタビですね。メモメモ。
トラックも怖いんですね。
高速道路では、鯉のぼりみたいな風力がわかるのぼりみたいなのを目安に安全運転にこころがけます。
2016.11.29 Tue l hopthyme. URL l 編集
かおなしさん♪
リコルソは普通車に限りなく近いですよ。
タイヤの上に運転席があるのでダイレクトに揺れを感じるくらいの違いのように思います。
安全運転がいちばんですが、地道では道路のコンディションが悪いところも多く、荷物の揺れがとても気になります。
スパロンのホイルベースの長さも影響してるのかも?です。
2016.11.29 Tue l hopthyme. URL l 編集

コメントの投稿