2日目。
うきうきと食材を購入。

道の駅で1台合流。3台=3人。
あ,そーだ。アウトドアショップでまったり。

チェックイン前だけどオートキャンプ場へ。
1時間以上早かったのですが,快くチェックインさせていただけました♪
DSC_1903_R.jpg
なんちゃってキャンパーオフについにタープ登場!!
意外と簡単に設置できるとは思いましたが,
ロープの結び方は見ていてもさ~っぱり分かりませんでした。
これがかな~~~~~~~り役に立ちました。
DSC_1909_R.jpg
早速昼食。赤い牛やホルモンなど…・昼から豪華(写真なし)。
大量に食べて,お昼寝タイム。

夕方,起こされてお風呂へ。
DSC_1904_R.jpg
近くのホテルの温泉600円。
露天が2段になっていて豪華なお風呂でした。
小雨も降っていたのですが,雨の露天もなかなかよかったです。

キャンプ地へ戻って夕食。
DSC_1905_R.jpg
鍋です。やたらとおいしくてこれも食べ過ぎちゃいました。
というか,食べてないと寒いんですよね。
でもおいしかった~。

こうやってお鍋を囲めるのもタープのおかげです。
結構雨が降っていましたが,昼にセッティングした状態で夜も過ごせたのは本当に楽チンでした。

翌朝,雲海を眺めながら昨夜の残りの鍋で雑炊。これも美味。
おいしい三昧でメタボ率アップ。

雨は上がり,タープが乾くのを待ちつつ後片付け。
お日様は暖かいです。お昼前には食器もタープも乾いて撤収。

今回利用したキャンプ場は,電源アリ,ゴミは300円で45ℓ袋を処理してくれるのでありがたかったです。ただし,ペットボトルと空き缶・空き瓶はNG。チェックアウトも遅れちゃいましたが,大丈夫でした。トイレはただ水洗なだけですが,男性用小便器有です。

お昼は近くの道の駅で軽く済ませてそれぞれ帰路に。


寒さ対策はもう少しすべきだったと反省。
コーヒーセットは喜んでもらえてよかったです。
家では何度か使っていたのですが,ちょっと初日に練習しといてよかったかな?
今回お披露目してませんが,コーヒーの秘密兵器があるんです。また次回ですかね?
テーブルも購入後初の実戦投入でした。
具材が多いと,2つあると便利ですね。
ローテーブル仕様にできるのも鍋にはよかったと思います。
そして何よりタープ!これ1つでキャンプ感が増しますし,悪天候にも対応できて言うことなしでした。
でも,相方と2人だと使わないので,今後もお世話になりますね。
次回はホットサンド&コーヒーのブレックファーストといきたいですね。


今回もリフレッシュさせていただきました。
年度末の怒涛の日々を忘れてゆっくりできた分,翌日から家事に仕事にがんばれました。

さて,次回はいつ,どこなんだろう?


スポンサーサイト
2017.03.29 Wed l 車中泊 l コメント (4) l top
これはこの前の日曜のお話。
行き先がかぶったので,時間軸はずれますけど先に紹介。
前回の「おやじの会」で車中泊した1キロほど先の海に建造物が見えたので,行ってみました。
結構古い神社でした。
ちょうど「九州の寺社仏閣」で相方が検索していたら偶然見つけて,話し始めたすぐ後に私が鳥居を発見したので,これはもう行くしかないと立ち寄ってみました。
DSC_1912_R.jpg
DSC_1916_R.jpg
鳥居に夕日が重なるころが絶景らしいです。でも朝なので待てません。

世界遺産や△の建物は素通りして
先へ進みます。
DSC_1921_R.jpg
しおパンがおいしいです。
出来立てが食べれれました。おいしいのですがちょっと私には油っこすぎるかな?1つで十分な感じです。
相方の目的はここである程度果たせたようです。

その後,かわった形のティーバッグのお茶屋さんで相方の目的のものはゲットできました。

ハーブ園は・・・・・ありませんでしたが,雰囲気のよいハーブの庭を眺めることができたのでよしとします。

どうせなら陶磁器もということで,2件の窯元を巡り,数点ゲット。

最後にオリーブ園。
DSC_1926_R.jpg
DSC_1925_R.jpg
DSC_1930_R.jpg
DSC_1927_R.jpg
まだ3年くらいらしいです。
木もそんなに大きくなかったです。
ヨーロッパのオリーブオイルと比較できたり,オリーブ好きな人には楽しめそう。他にも,化粧水やソープ類も販売されてました。アイスにオリーブオイル・・・・大人の味です。

変な時間に塩パン食べたので,お昼ごはんは15時頃。
せっかくだから海産物を食べたい。でも3時だと昼の営業は終わっているところが多い・・・・。
で,リアルすぎるタコの像がある道の駅で海老食べました。相方は相変わらず海鮮丼。写真はないですが,美味でした。
でもさすがに3時にお昼ご飯を食べる人はおらず,席について食べ終えるまで私たち2人だけでした。

DSC_1932_R.jpg
で,ここに寄って帰路に。

同じような場所でも相方とくるとショッピングに観光にと違う角度で楽しめます。






2017.03.28 Tue l 車中泊 l コメント (2) l top
不定期ながらもほぼ毎月都合がつけば実施している「おやじの会」。

今回はまずここ
DSC_1898_R.jpg
で,お食事&お風呂。屋根の青いところとその右が温泉施設。
青い屋根の奥に食堂。さらに奥に物産館。

この日は2台=2人でした。
1カ所で完結するのって楽でいいです。
トイレはウォシュレットはないもののきれいです。
でもトイレ付近はトラック用Pがありうるさそうなのでちょっと離れたところで。
トイレは遠いのはつらかったですが,寒さはそこまで感じなかったので。
すごく広い家に住んでいると思えばOK。

その他こんな感じ。
DSC_1901_R.jpg
DSC_1899_R.jpg
DSC_1896_R.jpg



道路を挟んで海は遠浅できれいでした。
木も南国チックです。このあたりは暖かい地域なのかもしれません。
名物の貝汁は,スーパーで購入する家族用くらいかそれより多いくらいの量が1人前。
貝好きの私にはたまりませんでした。


夜な夜な車内で
DSC_1897_R.jpg
こんなこともしてました。

お出かけの楽しみがまた一つ増えました。
荷物も増えました(笑)


2017.03.27 Mon l 車中泊 l コメント (0) l top
また、おでかけ。
先週ソロ。
今週ペア。
行き先は、松の橋をうきうきしながらデコポン食べて△すぎたとこの島。
(わかる人にはわかる?)
ソロでも相方と一緒でも行く先は似たようなもの。
まだ1年ちょっとのキャンカー旅でもう4回目です。
目的の品はあるようですが、私も何か目的をもとうとネット検索。発見したハーブ園を突撃訪問してみようと思ってます。

先週のお話はまた後日。
2017.03.23 Thu l 車中泊 l コメント (2) l top
寒いときにはFFヒーター。
高いのですが,導入しておいてよかった装備。
オフタイマーもついていて便利です。
グランデ仕様なのでリアは問題ありませんが,フロントガラスの結露は仕方ないですね。


トイ車にはエバスペヒャーという舌をかみそうなメーカーのFFヒーターが装着されています。

なにげなく,その舌をかみそうなメーカーのHPをみると,パーキングクーラーなるものが製品としてあることに気付きました。
クールトロニックと読むのでしょうか?エアコンではなく,クーラーだと思われます。
停車時にサブバッテリー稼動の室外機一体型のトラック(24V)用のクーラーのようです。

12V用のものはないのかググってみると,JCS2017で12V車用が参考出品されていたようです。
行っていないので詳しく分かりませんが,現在開発中とのこと。

詳しく書いてあるページを見つけられませんでしたが,トイ車のリアサイドガラス部分に取り付けられていたようです。室外機部分の出っ張りもなく,グランデ仕様の左後方リアサイドガラスにトイらしく外観もスマートに取り付けられているようです。

室内外ともにスリムで,家庭用エアコン搭載するより車への負担は軽くなると思います。左後方で取り付け可能ならスライドドアに干渉しないということですよね?本体の出っ張りはなく,外気取り込みダクトがあるのみに見えました。

いつ12V用が発表されるのか,
価格はどのくらいなのか,
しっかり冷えるのか,
サブバでどのくらい稼動できるのか,
後付できるのか・・・・・

現在フロントドア網戸,リアはグランデ仕様ならではの6カ所のアクリル窓にセットされている網戸,ベンチレーター,扇風機で暑さ対策としていますが,やはり高地以外のSAなどでの車中泊はうるさくて,夏場は外気取入れだけでは限界を感じます。かといって,家庭用のエアコンは,6畳用だと安ければ3万くらいで購入できるものが,10倍の価格するとなると導入をどうしてもためらってしまいます。

FFヒーターは車専用装備だと思うと多少高価でも仕方ないと導入できたのですから,同じくらいの価格で後付できるなら・・・・・・・。

取り付けする(できる)かどうかはともかくとして楽しみです。
2017.03.13 Mon l キャンピングカー l コメント (4) l top
キャンプ場と温泉巡り、あきずに、こりずにやってます。
今回キャンプ場について。

テントもタープも使わない(持ってない)。でもせっかく寝る場所があるので、タバコすいつつ飲食しつつ会話しつつ外でまったり過ごしたいこともあります。となると道の駅では無理。河原とか大丈夫そうだけどトイレがない。水道があっても使うのは気が引ける……
その点キャンプ場はそーゆー場所なので料金払えば安心してそーゆーことができます。
オートキャンプサイトは電源もあって便利なのですが、割高だし、テント使わないので広すぎると思ってました。また、よく分からないのが、キャンピングカー専用サイト。多分6メートルとかそれ以上の長さのキャンカー用だとは思う(あってるのかな?)のですが、ハイエースでも一応キャンカーなので予約とかするときに戸惑ってしまいます。

いくつかキャンプ場を見学して気付いたこと、「フリーサイト」なるものです。電源とかはなく(あるところもある?)、テントとかはる場所で車は近くに停められないと思ってましたが、場所によっては車で芝に乗り入れて横に設営できることを知りました。閑散期なら自由に停めていいらしい。これってHP上ではなかなか確認できないですよね。予約も不要だったり私の旅スタイルにはとってもマッチします。また、500円くらい~とお安い。

家で電源繋いでバッテリー充電をしないので充電するとか、オフ会など予約しといたほうがいいときは、オートサイトがいいとは思うんですけどね。

ただ、予約して行ってはみたけど雨だったらテンション↘ですが、ミニバンガロー付きのオートサイトなんてあるんですね!4k超えるのでお高いですが雨の心配が軽減されるのってありがたい設備です。もちろんテントスペースもありました。複数台で利用のときは1台オートサイト、その他フリーサイトてのもありかな?管理人さん不在で聞けなかったのですがそうできればよさそうですね。
他にも五右衛門風呂付きなんてのもあるんですね。子どもが小さければ薪集めて火をつけて……いい体験ですね。
立地や景色がよくないキャンプ場もあの手この手でがんばっているところもあるんだと感じました。


数少ないこれまで利用した場所でがっかりするようなところはないけれど、ネットにはあまり登場しない場所はそれなりの場所か穴場だったりするものだと思うことでした。
2017.03.07 Tue l 徒然 l コメント (4) l top
「ここではないどこかにいってくるね。」

週末,相方と予定が合わないと分かった時に私が言う言葉です。
相方もなんとなくこのフレーズが気に入ってます。

そして,金曜日の夕方に「ここではないどこか」に向けて出発します。
そして温泉に入ったり,本を読んだりまったりとキャンカーで過ごし翌日帰宅。

予定が合うときは,自宅でまったり。ショッピングにでかけたり。
相方が急に動き出したらそれに合わせて目的地にあわせてキャンカーまたは通勤車で動く・・・・

そんな生活スタイルが定着してきています。
お互いの趣味を楽しむとき,2人で楽しむ時。

キャンカーあってのことでしょうね。
2017.03.03 Fri l 徒然 l コメント (8) l top