8月,9月はお出かけが多かったけれど,


あれ?


そ~いえば,ワイルドキャンプのこと書いてませんでした。
コメントしていたら書いたつもりだったんですね。


9月中旬,ブロ友(キャンカー友)さん私も含めて3人(3台),霧島でお会いしました。

前回購入したイスと仕事帰りに購入した肉だけ持って。

先に来られていたお二人は既に焼肉中。
早速持参のお肉を取出し,焼肉に参加しました。

霧島の夜は肌寒くて途中上着を着込みました。
キャンカー談義はもちろん,同じGT乗りの方のキャンカーの見学したり,私のGTを見学していただいたり・・・その他いろいろ楽しく話をして,それぞれのキャンカーで就寝。翌日はショックを交換したGTの乗り心地を体感させていただいたり楽しく過ごせました。午後からはリコルソも運転させていただき,足回りの強化を本気で考えたくなりました。ワゴンは別の車種かと思うほど違いました。

テントなど撤収がないので楽チンです。近隣や職場ではできない(というかFFヒーター?ダイネット?マックスファン?てな感じ)同じ趣味の話ができる方とのオフ(キャンプ?)は本当に楽しいですね。


同じGTなのでレイアウトも同じなんですが,こだわるところが違うと別の車のようです。いろいろと参考になりました。
ミニ換気扇の位置は移動できるのですね。知らなかった・・・・。
私は後方2段ベッドの高さ変更を購入時にお願いしたのですが,できないと言われて,基本仕様は変更できないものとあきらめていましたけど,いえばよかったかな・・・・。



アイランダーさんは予定があり午前で帰られました。私も今日中には帰らなければならなかったのですが,まだ時間に余裕があったので昼からはかおなし♪さんと2台で山の反対側の別のキャンプ場へ。

まだチェックイン前でしたが,敷地内を見学させていただきました。立派なキャンプ場です。ウォシュレット付トイレ,温水が使える水道,コインシャワー,子どもの遊具施設,トレーラーハウス,ログハウス風コテージ・・・・・,オートキャンプサイトは電源,流しまでついてる!8月の初キャンプ場とも昨日のワイルドキャンプ場とも違う設備がかなり整ったキャンプ場でした。
人が多いところがどちらかというと苦手ですし,ファミリーが多いので,どちらかと言えば昨日のワイルドキャンプのほうがよかったかな?ウォシュレットにはかなり惹かれるものがありましたけど(笑)。オフ会などならこーいった場所は「あり」ですね。数台で共有できるサイトもありましたから。

ここではかおなし♪さん経由でキャブコンの方ともお会いすることができました。急に押しかけた私にも快く対応していただき,車内も見学させていただきました。バンコンからの乗り換えとのことでした。ワンちゃんもおとなしくフカフカでかわいかったです。今回は宿泊はできませんでしたが,お会いできることがあれば私もワン×2連れて行こうかと思います。躾ができていないうるさい犬なのでお恥ずかしいのですが。

そうこうしているとそろそろ帰らなければならない時間になりました。初めて通る道でしたが,とても素朴な雰囲気の風景が広がっていて,運転しながらでも癒されました。でも,途中から豪雨になってきました。あとで聞くと先ほどのキャンプ場近くでは雷も鳴っていたようです。キャンカーはこういったときも威力を発揮しますね。撤収する道具は最小限ですから。特にキャブコンなら外部収納もありますし濡れたものでも大丈夫なのは羨ましいです。
ファミリーキャンプの方々,特にお父さんの力の見せ所ですね!これはこれでいいのかもしれませんね。晴天のキャンプより子どもには強く印象に残ることと思います。。お父さんがんばれ!




キャンカー三昧の2日間。楽しかったです。「板」も気に入っていただけたし。
次回はいつどこでしょうかね~~~~?
次回はタンスの肥やしと化しているローテーブル持参します。季節的にもう山間部でなくてもいいかもですね。
「誘惑」よろしくおねがいしますね~~~~~~。
ちなみに,10数年前のタープはカビだらけでした(捨てました)。テントは怖くて開けられませんでした。

あ,そういえば今回は写真を1枚も撮っていないことに今更ながら気づきました。
なので,今回文字だらけです。
スポンサーサイト
2016.09.27 Tue l 車中泊 l コメント (41) l top
先日設置した防音断熱材。短距離・短時間での効果確認でしたので,今回は,約200キロの窯元めぐりで検証してみました。

結論から言うと,暖かいと感じるものの熱いと感じることはなくなりました。それなりの効果はあるものと思います。
次回は車中泊で検証したいと思います。

DSC_1565_R.jpg

と,ここまではよかったのですが,窯元のある場所は結構田舎の路地の中が多いのですが,ワイドスパロンの運転にも慣れてきて,広い道路の路肩に停めれば何とかなると思っていましたが,その広い道すらなく,路肩に広い場所もない。狭い道に入り込んでしまいました。
何とかUターンしようと相方に後方を確認してもらいながらバックすると,フロント助手席側から嫌な音が・・・・・。でも何とか曲がらないと帰れないので,何度か切り換えして方向転換は完了しました。車を降りてみてみるとフォグの横あたりに結構なへこみができていました。幸いあたったのが土と雑草の場所でしたので,傷は多少の擦り傷ですみました。

いつかはやるだろうと思っていたのでそんなにショックはなかったのですが,やはり気になるので,車を停めてバンパーの裏に手を回し押し出してみました。すると大きな凹みは解消できました。なので画像はありません。

あと少しへこんでいるので,家でネット検索。ドライヤーなどで温めて傷以外は回復できる可能性があることを知りました。
チャレンジしてみようと思います。その時にビフォーアフター写真でもブログにアップできればいいのですが,うまくいかなかったら画像アップはないと思います。

窯元はそれでも計6カ所,4カ所は新規の場所でした。気に入ったものを購入できたし,作っているご本人ともお話ができて,こちらは大満足の1日でした。
DSC_1568_R.jpg



【追記】
傷はコンパウンドで磨いてみました。根気がないので薄い傷だけしか消せませんでした。
凹みは少しへこんでますが,あまり気になるレベルではないので,ドライヤーは使わず放置することにしました。
光の当たり具合で気になった時はチャレンジしてみます。
2016.09.23 Fri l 車中泊 l コメント (2) l top
images_R.jpg
画像は借りました。
重い腰を上げて,おしり対策しました。
暑いし,途中雨が降りだしたり・・・。

で,画像はありません。

フェリソニという防音断熱シートを運転席と助手席下に敷きました。プレカットしてあるので本当に敷くだけでした。その分高価ですけど。

助手席をはずして後部へ。シートベルト用のコネクタを外すのを忘れず…。

順調

運転席をはずそうとしたとき雨が降り始め・・・
すぐ雨が止んだので運転席を運転席側から出そうとしましたがでない・・・多分これはわたしの要領が悪いだけ。
でもって助手席側から取り出し,家の玄関へ。

もうここで汗だく!!!!!
でももう後戻りできないし・・・

結構シート下は汚れていて,でも800円見つけてラッキー!
掃除してエンジンルームを覆っているカバーを外します。
ピンごと「えいっ!」てな感じで,はがします。

また雨。ドア閉めての作業。汗が止まりません。

フェリソニは後部に置いているので,エンジンルーム後方部のパーツをカバーの奥まで差し込みます。この部分はさすがトイ!断熱塗装が施されていました。でもここまで塗装するなら,フロントシート下(エンジンルーム上)までしてくれてもいいのに・・・とも思いました。2列目でエンジンルーム部分に足を置いてもこれで熱さが軽減できることを期待します。
あとは上記画像のように置いていくだけ。フロント(太もも裏にあたる部分まで)もフェリソニを置いてあとはカバーを戻し,ピンでとめて,シートを戻す。あ,シートベルト用のコネクターもしっかりつけます。

もう汗も気になりません。
とにかく終わるまではとがんばりました。

シート設置完了。
とりあえず外に出て顔を洗い,水分補給。

フラットボードを戻して,ポイボックス(アイズのゴミ箱兼ドリンクホルダー)を設置しようとしたところ・・・・
収まらない・・・・・・・・・・・・・・・・・・

厚みが増したせいで,本体は収まるのですが,サイドのカバーがどうしても取り付けられません。
精度の高さの証明にはなりますが,ちょっと困りました。





夜まで放置。






深夜,意を決して削ることを決意。

道具は……

ありました。
チビの使っていた彫刻刀セット!

約2時間けずりました。
何度か車まで往復し,調整しながら削り(といっても適当)・・・・・

そしては強引にはめました。








翌日,効果を確認するためドライブ。

以前より熱さは感じなくなりました。
はやくやっておけばよかったと後悔。

これで,空調の効きもよくなればと思います。



《追記》
フェリソニはプレカット済みですが、カット後の端切れ?も同梱されてました。センターコンソール部分はマジックテープで固定するタイプのフラットボードを設置しています。フェリソニのプレカットには当然ながらネジ部分は穴が開いていますが、ネジ穴は不要なので切れはしをカットしてうめちゃいました。
ボードは簡単にはずせて、この部分の熱さは分かっていた(かなりの熱さです)ので、だいぶ熱は軽減されました。
ネジ穴を利用しない場合は、フェリソニではなくてもなにか断熱シートなどでこの穴は塞いだほうがいいですね。。

























さて,次は何をしようかな?
やっぱり,ダイネット部のカーペットかな?
これは寒くなる前にしたほうがいいですかね?
2016.09.20 Tue l 快適化 l コメント (2) l top
夏前に対策をしたいと思い,夏を前に準備できなかったものを夏最盛期にポチり,夏が終わろうとしている時期になってもまだ取り付けていません。

フロントシート下の断熱材です。

以前も書いたと思いますが,おしりが暖かいではなく,熱い(普通車より暖かい)と感じます。

センターコンソールは納車時からついていないので,シートをはずすだけ。
これなら簡単!と思いながらずるずるとまだ設置できていません。

諸先輩ブログ等では建築資材などを利用してお安くさらに効果が期待できそうなものを施行しているようですが,
私にはそういう作業はムリというかやらないだろう,でもおしりの暑さ対策はしたい・・・・・・・で,ポチったものは,プレカット済みのもの。置くだけ簡単施行なのですが・・・・。なかなか・・・・。

今度3連休だし,天気がよければと思っていましたが,嵐の予感(予報)。また先延ばしになりそうです。


2016.09.14 Wed l 徒然 l コメント (3) l top
初の家族そろってのキャンカー泊の家族旅行をしました。
赤い牛をたらふく食べたのち,
そのお店で紹介された「ゆうか」という温泉に入り,
DSC_1358_R.jpg

この道の駅で車中泊。
DSC_1349_R.jpg
ここではいろいろありまして,人4人とワン2匹。ベッドメイキングも車内に人がいるとできないので,ワンの散歩にでてもらい,一人で悪戦苦闘。
ワンの寝床が邪魔で水栓のところに置きましたが,どうやら私が背中でワンの寝床を押してしまったようで水栓のレバーが押されて水が出てしまったようです。おかげで水浸しになっちゃいました。
幸運にもワンの寝床が水をほとんど吸収してくれて車内の被害は最小限ですみました。
センパイキャンカー乗りブログで誤動作を防ぐため,この場所にカップなどでカバーしている理由が分かりました。ここにはダイネットのソファーを動かすときにクッションなど荷物をよく置くので,何か対策必要かもです。

2段ベッドとダイネットで合計4人就寝可能ですが,暑さもあって寝苦しかったです。
また,雨の予報だったので,フロント窓に網戸をつけて,バイザーのある部分だけちょっと窓を開け,スライド窓のアクリルスライド窓は全開にして,カーテンを閉めました。運転席後方のアクリル跳ね上げ窓は最小限で開けて網戸3割スクリーン7割としました。扇風機はセンターコンソールのところに置き,後方2段ベッド方向に風が吹くように設置,マックスファンは排気に。
予報通り夜は少し雨が降ったようで,スライドドアのスライド窓からは少し水が浸入した感じでした。アクリルの跳ね上げ窓はこんな時に重宝しますね。あまり雨が吹き込むことはありませんでした。でも風が強いとだめだと思います。

翌日,降水確率はかなり高かったのですが,何とかこの滝を見て,
DSC_1367_R.jpg
途中カフェでお茶して,

ドイツっぽい風景のペンションのところにお土産屋さんと間違い立ち寄り,
DSC_1423_R.jpg
古民家風ではなく,古民家で田舎料理を食べて,
DSC_1431_R.jpg
鉄道用のトンネル掘ったら水が出た場所によって帰路へ。

色々立ち寄った時は,雨が降らずよかったかな?

ミルクロード
DSC_1342_R.jpg

さすがに4人はきついですね。ダイネットは広げても私一ようだと思いました。そう考えると3人までかな~?
まぁ,基本2人と2匹なのでたまの家族サービスくらい我慢しないとですね。
それか適度にホテルを使うのもアリかなと。私は車中泊OKなのでワンと一緒に車中泊とかになってもいいかな?


【追記】
マックスファンは高速道路以外走行中に使用使用しました。今回はワンもいるし,雨模様だし,後方エアコンは効きすぎるらしく,排気しながらの走行でした。プラズマクラスターもオンで走行。ワン連れて,湿度の高いなかで換気・空気清浄できるのはいいですね。
2016.09.12 Mon l 車中泊 l コメント (2) l top
初めてのキャンカー長期旅でした。

良かった点
 やはり,好きな時間に出発,疲れたところで泊まれる。途中,気になるところで観光できるなど,気まま旅できます。これに勝るものはありません。

改善点
 悪かったことは特にないので,改善点です。給排水のポリタンクの清水の詰め替えが道の駅や高速SA利用の旅では容易ではないこと。歯磨きや洗顔くらいにしか使いませんが,できれば2日ごとには入れ替えしたいところです。でもなかなかできませんでした。汚水についても流せる場所はないので,人の少ないPA等での排水となりました。みなさんどうしているのでしょう,気になるところです。
 暑さ対策については,一人ならルーフベントや扇風機などでなんとかしのげますが,犬を連れているとエアコンは必須だろうと思います。
 着替えた後の服は機密性の高い容器を利用することで何とかなりましたが,冬場だと,厚手のものなど量が多くなるので対応できないかもしれません。ゴミは,外食メインで,車内で料理はしません。特に生ごみなどは出ませんでしたので,そんなに苦労することはありませんでした。キャンプとかがメインだとそのあたりは課題になってくると思います。現状では何とかなります。ワンのウ○チとかになるとやはり外部収納は気になるところです。
 テレビオヤジなので,電波の届かない車中泊はムリ!です。電波状況がよくなる術があるのならなんとかしたいと思います。でもBSアンテナは特に必要性は感じていません。
 腰痛持ちにノーマルシート。今回の旅では特に悪化はなかったのですが,長時間運転でひざの痛みがありました。やはりハイエースでは私の体との相性はそんなによくないかもしれません。この旅が原因かわかりませんが,旅の後2週間くらいあとに腰痛が発症しました。お財布が許せば,レカロもあるかな?でもアイポイントの制限もあるので悩むところです。足元と腰はレカロで快適になることは間違いないと思いますが・・・・・・。現状でいいと思うこともあれば、換えたいと思うこともあり…。


気楽な一人旅でも、慣れてないからかもしれませんが,やはりホテルなどでゆっくりする日もあってもいいかも…と思いました。決してゆっくりできていないわけではないんです。原因は自分の確認不足なのか鈍感だからなのか分かりませんが、快適な睡眠は水平な場所!、あまり考えてなかったことは今回の反省点です。けっこう大切なことだと感じました。

それと、GTでは,2人までが限度かな?3人4人となると車内ではきついものがありますねぇ。



まあ、ホテルのような快適さはないものの,本当に気楽で総合的には,楽しい旅でした。


2016.09.09 Fri l 車中泊 l コメント (2) l top
5日目夜に出発し,日付が変わるまで高速を走行。もうそろそろ優勝が決まる球団本拠地SAで車中泊。
前回はフグの町に寄り道したので,今回はフグの海峡を通り,お昼ご飯は下記画像の以下が有名なところへちょっと寄り道。
DSC_1324_R.jpg
DSC_1305_R.jpg
めちゃくちゃ込んでいました。回転約1時間前にならび,私たちの1組後ろまでが,最初に入ることができました。お店を出るころには2時間30分から3時間待ちだとお店の方が説明している声が聞こえました。100組くらいが待っていて,まだ10番台を呼び込みしているところでした。はやめにならんでよかったです。

イカの旬はいつなんだろう?と調べてみました(調べてから行きました)。結果,種類を変えているので1年中旬のものが食べられるということでした。

DSC_1300_R.jpg
漁港のすぐ近くで,有名店らしいです。
本当は,海中レストランがよかったのですが,不漁でイカがないとのことでこちらの店に移動しました。そんなことも有り,かなりの混雑だったようです。

子どもを呼ぶ?呼んでいる子ども?どちらにせよちょっとこわいイメージがあります。タイトルは忘れましたが,たがみよしひさという漫画家の作品でこの地名が使われていた影響があるのだとは思います。

お腹いっぱい,おいしくいただいて,無事帰宅。さすがに疲れましたが,楽しいロングドライブでした。





夏休み2回目の車中泊旅へと続く。
2016.09.08 Thu l 納車後 l コメント (2) l top
5日目 さらに古都でお寺巡り。今日は適当。最初の寺だけはネットでなんとなく目的地に設定。
高山寺
P1050328_R.jpg
鳥獣戯画といえば分かりますか?ここがそうらしいです。
残念なことに・・・・・・・また山寺……。筋肉痛できつかった!

正伝寺
P1050347_R.jpg
借景の石庭。奥に見えるのは比叡山?この庭でピンときたかたはすごい!
デビッドボウイが来たことがあるそうです。
CMか雑誌で有名になったらしい庭です。
誰も観光客はいませんでした。
ドライブ中,適当に見つけて入ったお寺です。


源光庵
P1050364_R.jpg
この窓も有名ですね。
適当に行って,見たことある風景でびっくりしました。
隣には,これまた有名な四角い窓もあります。
紅葉の時もきれいだと思います。

上の場所から近かったので,行ってみました。光悦寺
P1050395_R.jpg
紅葉のときはすごい人らしいです。夏はさすがに人は少ないです。寺より紅葉スポットらしいですね。
下はそのお寺の駐車場。
P1050384_R.jpg
紅葉の時期ならこんな1台だけの写真とかきっと無理でしょう。

実相院
P1050401_R.jpg
ここは,撮影禁止の場所が有名なので写真は池の写真です。
黒い床に開け放たれた窓からの緑が映りこみ,幻想的な雰囲気です。秋には赤く映るようです。
こここそ本当に適当に行きました。ナビで,あ,お寺(の名前)がある!行ってみよう!ってな感じで。
ほぼ行き止まりでお寺の前はバスの旋回場所でした。
嵐のメンバーが訪れて雑誌で紹介もされたようですが,観光客は私がいる間に5組ほどでした。ゆっくりできました。

上鴨神社には以前言ったことがあったものの,下鴨神社に入ったことがありませんでした。偶然,下鴨神社も通りかかったので寄ってみようと思いましたが,何やらライトアップするらしく人がいっぱいだったのでやめました。


お寺巡りの2日間,拝観料は全て必要でしたが,駐車場は全て無料でした。
古都の駐車料金は高い!と聞いていたのですが,それぞれのお寺のPは無料でした。

ただ,高さがあり立体Pはムリ,,タイムズのようなコインパーキングには長さでムリ・・・・などどこかに駐車してゆっくり散策することは,古都の碁盤の目の地域では厳しいかな?と感じました。今回唯一駐車できたPは最近できた鉄道博物館の駐車場。駐車ラインからははみ出るものの,警備員さんが「いいですよ」と言ってくれたので入れました。古都中心の駅から徒歩で20~30分の場所で駐車できる場所を見つけられただけでも次回の旅に向けてよい情報をゲットできました。電車には興味ないので博物館には行ってませんけどね。大きな有名なお寺があるのですが,次回のお楽しみということで街を散策しました。
駐車場利用料金は2時間まで900円(平日800円)。それ以下の金額はありません。それ以降1時間ごとに200円という金額設定でした。最低料金がやはり高く感じますが,まあ使える駐車が見つかったのでよしとします。適当にお茶して古都の街の散策。2時間以内にPから脱出して帰路に。


続く
2016.09.02 Fri l 車中泊 l コメント (2) l top
4日目です。3泊以上は初めての経験です。
目的の1つである湖東三山のお寺巡りです。
まず,百済(ひゃくさい)寺。
P1050148_R.jpg
西明(さいみょう)寺,だと思います。どこも似ているので。たぶんあってます。3重の塔。
P1050247_R.jpg
金剛輪寺。
P1050196_R.jpg
行った順に書きましたが,湖東三山というだけあって,山寺です。
かなり石段を登ります。
夏です。
暑いです。
腰痛持ちには厳しいです。
でも,ここまで来ることもそうはないだろうとがんばって午前中に制覇!

救いは,木が生い茂っていたので,直射日光があまり当たらないことですかね。
登っただけのことはあったと思います。
どの寺も歴史を感じさせる見事なお寺でした。
ちなみに寺社仏閣めぐりは趣味の1つです。
信仰心が強いわけではなく,寺社仏閣の建物や雰囲気が好きなだけです。

古都から近い場所ですが,ほとんど人がいないのも静かでよかったですね。
古都の大きいお寺も好きですが,やはり人が少ないほうが雰囲気があっていいですね。
いやー,気持ちよかった!
特にお寺についての詳細は説明しませんが,興味のある方は,ウィキペディア等をご覧ください。
ただ,緑の葉は涼しげでこれはこれでいいのですが,紅葉の時期はものすごき綺麗だろうとことは確実です。

最後のお寺で紹介されて行った神社です。名称は・・・・・・?覚えてません。
P1050265_R.jpg

巨大な水たまりに架かる有料の大きな橋を渡りました。
渡ったところにある道の駅で休憩。
DSC_1274_R.jpg

古都方面に向かう途中,神社を発見。多くの車が止まっていましたが,神社には人がまばら。
奥にロープウェイ乗り場があり,そちらの利用者の車のようでした。
でもここもいい感じです。ここの神社の名称も・・・・・・・・?ロープウェイはさすがにひとりでは・・・・乗りませんでした。
P1050288_R.jpg
お寺と違い,直射日光に当たりまくりで神社はあまり長くはいませんでした。

ここからちょっと大変でした。coco1で夕食までは順調。お腹が満たされると,午前中の山登りの疲れもあったのか,銭湯より温泉に入りたくなり,検索して,地道で2時間弱温泉までたどり着く予定だったのですが,
渋滞につかまってしまいました。全く車が動かない状態で10分ほど・・・・ちょうど高速の出口からのたくさんの合流車両と信号の絡みで動いていない様子です。
そこで急遽高速道路に変更。ナビ,高速利用に設定変更。
細い路地へ変な動きをする車が前方に数台見えます。ナビの示している方向もそちらです。細い路地を何とかすり抜け,少し大きな通りに出てそこでUターンしたところが,高速の入り口でした。
高速道路だと4~50分早く到着できる予定でした。流れも順調です。
でも・・・・・・・・・・・・・・ここで慣れないJCT。あっけなく乗り過ごして商人の町まで行ってしまいました。約30キロの距離と時間をロス・・・。
ETCゲートではなく有人のゲートで事情を説明してUターンさせてもらい,料金的なロスにはならずに済みました。

これがスムーズにできるのは,以前3回ほど経験があるからです。乗ったICと降りる予定だったICを告げなければなりませんが,ETCなので入ったIC名なんて覚えていません。大まかな地名を伝え,下りる予定のICはナビで表示されているので,そこを告げるとラミネートされたUターン経路を示した紙を渡されて,言われた通りに移動。ETCではない入口で係員が待っているのでその紙を渡します。その際に自動ででてくるチケットを抜いてはいけません(これも説明されます)。

そんなこんなで,なんとか今度は無事JCTを間違わずに走行し,ナビが示した当初の渋滞のない地道を走った場合の到着時間とほとんど変わらない時間に温泉に到着しました。
るり渓?とかいう名前だったかと思います。行き当たりばったりの旅なのでよく覚えていません。実際に鹿と遭遇する(した)結構な山道を登ったところに突如大きな施設があります。キャンプ場と宿泊施設と温泉,混浴の水着着用の温泉プールなどありました。もちろん利用したのは温泉のみです。
混雑はしていたものの,ゆっくりと温泉を堪能しました。

標高も高いところだったので気温は23℃くらい。ここで車中泊しようかと思いましたが,電波状態が悪くオリンピックが見られないし,車中泊していそうな車が1台もなかったので,ネットではあまり快適ではないという情報はおおかったものの,古都中心に近い道の駅に向かうことにしました。下の画像は温泉の駐車場。
DSC_1282_R.jpg
その後下界に降りるとやはり温度は高い状態です。
一番近い道の駅に向かいます。温泉に来る途中に表示があったので,特にナビ設定もせず走行。駐車スペースがネット情報のとおり狭かったのですが,ここで車中泊しようと思いましたが,テレビ映らず・・・・移動することに。有料道路を使わずに次の道の駅に向かう設定だったはずが,なぜだか高速にのってしまいました。有料道路を除外する設定を忘れた自分が悪いのですが,しばらくするとPAがありました。そこに入ってみると意外と車は少なく,電波状態も良かったので,そこで車中泊。
ナビ設定間違ってよかったかも!

で,4日目終了。










地名をほぼほぼ書かずに施設名だけで書いていくことって案外楽しいです。
でも地名ばればれですよね?
いいんです。
自分の忘備録ですから。備忘録?

2016.09.02 Fri l 車中泊 l コメント (0) l top