30℃超えるなか,相方が

「どこか行かない?」

というので,以前はおためし車中泊が海のそばだったので,

「標高の高いところに行ってみよう」

「そうだね。暑いもんね。」

ということで合意して,お昼過ぎに出発。途中,前から気になっていた郊外の古民家風カレー屋さんでランチを済ませ,山へ。

まだこのとき32℃。


適当に山に向かう国道を走っていて思いついたのが,高地と言えばダム,水辺だから涼しい,と勝手な解釈でダムに向かいます。

ダムに着いたときまだ30℃。でもせっかく来たんだからと車を降りて散策コースへ。木陰で暑さは感じません。昨夜の雨で日の当たる場所は乾いていたのですが,散策コースは結構濡れていて滑りそう。一応一周してみましたが,汗もそんなにかきませんでした。湿度はそれほどでもなく,爽やかではないけれど気持ちよく森林浴という感じでもありません。

車に戻るとさすがに暑い。まだ30℃。

このあたりで一番高い場所まで行ってみました。あとで調べてみると標高約1200mらしいです。

登り始めると28℃くらいまでは下がりました。

グニャグニャとカーブが厳しくなってきたあたりから25℃を下回りました。霧もでてきました。

霧!この前仕込んだ(仕込んでもらった)LEDフォグを試す好機到来!以前からIPFの黄色は信頼していましたが,ハイエースではどうかな????と思っていましたが,バッチリ!純正よりだいぶ視認性アップです。

安心して坂道をゆっくりと登ります。

窓を開けると,さすがにエアコンも必要ないすずしさ。24℃です。

さらに登るとまだ明るい夜19時で,20℃!さすがに窓を開けていると少し寒く感じました。このときは霧はなく,視界良好でした。

この場所は昼間はにぎわっているのですが,夕暮れは閑散としていました。有料駐車場はひとけがなく,無料解放されているようでしたが,今日は宿泊予定ではないのでトイレの確認はせず,山を下りました。登りとは異なる道で山を下り始めて30分くらいで暗くなりましたが,25℃に復帰。下場ではまだ28℃でした。


ランチの場所とは別の以前空席がなく入れなかったハンバーグがおいしいというレストランで夕食をとり,帰宅しました。期待が大きかったため,少々がっかりでしたが,サラダバイキングにゆで卵があり,食べ放題だったことにはびっくりしました。3個食べちゃいました。


結論。
結構高いところに行かなければ車中泊には厳しそう。逆に言うと高いところに行けばエアコンなしでも十分に車中泊は楽しめます。

きっとあの場所は,朝は寒かったに違いありません。

走っている間はハイエースにはかなりよく効くエアコンがあるので,大丈夫。寝るときは高原で,というプランを作成できれば快適な車旅ができそうということですね。問題は暑いなかでのワンの休憩と下の世話ですね。ここがクリアできれば何とかなりそうです。

でも高いところに適当な車中泊できるポイントを見つけるのは大変かもしれません。トイレがないとこういう時に大変だと思うことでした。



スポンサーサイト
2016.07.26 Tue l 納車後 l コメント (0) l top
夏と言えば,家族旅行。

我が家の恒例行事でした。
隔年くらいで飛行機やフェリーを使った遠い場所(国内)と車を使った近場(片道8時間程度まで)をくりかえしていました。
もちろん車を使うときもホテル・旅館泊です。

子どもの趣味と大人の趣味はだいぶ異なるのですが,同じように楽しめるのがなぜかハーブガーデン。そう,大人はハーブを育てるのも見るのも好きなんです。何気に育てていたタイム(多分ゴールデンレモンタイムだったと思います)に水をあげた時にかすかに香る何とも言えない香りにやられてしまい,かれこれ20年くらい植物と言えばハーブ。もともとそれ以外の植物にはほとんど興味がなかったので,植物の知識としては今でもハーブ以外ほとんど分かりません。ハーブガーデンは子どもにとっても楽しいようです。アロマキャンドルつくり体験,ドライフラワーアレンジ・クラフト,ベリー系のアイスやソフト・ドリンク・・・・・などなど。いろんなハーブガーデンに行きました。最近は小さいところは閉鎖・閉店してしまっているところも多く,残念に思うこともあります。園芸店でもマイナーなハーブはまず見かけなくなってしまいました。

話はさらに脱線してハーブのお話。
もちろん庭にもさまざまなハーブをお迎えしました。
タイムとラベンダーだけでも100種類以上お迎えしましたが,梅雨や気温の影響もあると思いますが,元気に年を越してくれたのは,タイムとラベンダーで10種類あるかないかです。大きな樹木系だとティーツリーやローリエ・リンデン・マートル・ローズマリーなどは元気にがんばってくれていますが,小さなものは暑さと湿度にやられてしまいます。特に葉肉の厚いシルバーセージなどは梅雨時期にかならずお亡くなりになられます。かといって,鉢で育てるのも邪道(というか,面倒?)な気がして,あまり使いません。
苗もあまり購入しなくなりました。育つものはこぼれだねで,どんどん増えていきます。同じ種類がたくさんあるのもなかなか見ごたえがあっていいかもしれません。ただ,ミントだけは地植えは大変なことになりますね。
ハーブ系の本ではブルーベリーやジューンベリー・ワイルドストロベリーなども紹介されています。もちろん我が家にもこの3種のほかグースベリー,ブラックベリー,クランベリー,エルダー(ベリー)などがあります。実のなるものっていいですね。収穫の喜びがあって。昨年・今年とブルーベリーは豊作でした。ジューンベリーは鳥が先に持って行ってしまいました。そのほかのベリーはなかなか・・・・。ブラックベリーは手入れしないと実がつきません。エルダーは花のうちにお茶にしてしまいます。一部花は残すのですが結実したことはありません。これも梅雨の影響かもしれません。あ,マルベリー(桑)もあります。これは実がつきすぎで,大して美味しくないし,花もきれいではないし,我が家では厄介者です。でもなかなか処分できずに現在に至っています。
日本に古くからあるものとしては,ハーブと言っていいのかはわかりませんが,クチナシがお気に入りです。あの香りは何とも言えませんね。



最近では,体力も落ちて腰痛の持病もあり,なかなか庭仕事ができません。もともとハーブ以外の植物に興味がない私にとって砂埃よけに敷いた芝にも興味がなく,手入れをまず怠った場所が芝の部分。根切りもせず目土もいれず,施肥もしなくなり,所々枯れて雑草も目立つように。根も詰まってしまったのでしょう,苔もだいぶ増えてきました。
ハーブの周囲にもカヤが茂っています。一度表面上はきれいにしてみましたが,ダメです。ひと月と持ちません。除草剤は使いたくないのですが,もうそんなことを言っている場合ではなさそうです。面倒ですが筆で除草剤をヌリヌリしていくしかなさそうです。
現在カヤもだいぶ復活してきたので,除草剤の原液をヌリヌリしたいと思います。カヤは強力に地下茎で伸びていきますが,おすすめ除草剤はないでしょうか?この夏の暑さのなかでも効果があるのでしょうか?


ちなみにこのブログのタイトルも元来ハーブの名前で「ホップ・ステビア・タイム」と考えていましたが,車ブログなので,ハーブと間違って来られてもなぁ・・・と思い,若干変更したタイトルとなりました。すべて我が家にある(あった)ハーブさんたちで,特にタイムはラベンダーと並んで大好きなハーブです。イングリッシュラベンダーが斜面一面に,そして畔にはタイムが咲く北海道にキャンピングカーで時間をかけて訪れてみたいと,北海道の旅を夢見ています。いやできれば移住したいかも・・・・。




2016.07.25 Mon l 徒然 l コメント (0) l top
車に乗り始めてずっとレーダー探知機を利用しています。

最初は,自動ドアなど特定の場所でうるさいほど音が鳴ってました。本来の目的を果たしているのか分かりませんが,スピードを抑制する効果はあったと思います。センパイからのおさがりでしたが,最初からつけていたので,これがないと意味もなく不安です。


最近のものはGPSで車の位置を把握して,取締りポイントなど知らせてくれたり,オービスまでの距離をカウントダウンしてくれたり重宝しています。画面も大きくなり,時計としても利用できます。OBD2接続だと,スピードやエンジンの回転数なんてのも表示してくれます。スピードメーターとレーダー探知機で見るスピードは結構差があります。レーダー探知機が100キロだと,車のスピードメーターは95,6キロ。これってどちらを信じるべきなんでしょうか?今のところレーダー探知機の表示でクルーズコントロールをしています。

以前のデリカの分は小型車に移設。

ハイエースには新しく購入したものをつけました(正確には付けてもらいました)。

これまでのものでもよかったのですが,知らない土地を走ることが多くなるということで,ドライブレコーダー連動のレーダー探知機を購入。これは以前も紹介しましたね。モニター一体型のドラレコは重そうだったので,セパレートタイプを探していてレーダー探知機の画面がモニターー兼用できるなら・・・・と選択しました。
前方を表示しているとなんだかわくわくしますね。もう慣れてしまって,あるのが当たり前になってしまっていることも事実ですけど…。


やはり,取締りポイントを教えてくれたり,けたたましい音で,取締りを教えてくれるので,スピードを出していなくても安心感はありますね。夜は眠くなった時に話しかけたりして遊ぶことで,楽しんで(?)ドライブしてます。


ずっとユピテル派だったので,セルスターは初。ドラレコ連動はこれしかなかったので指名買いでしたが,これまでと勝手が違うのがオートディマー機能がないこと。ユピテルのは,トンネルに入ると勝手に暗くなりますが,セルスターのは,そのままなので,少々まぶしいのです。いろいろ検索しましたが,オートディマー機能はないようです。
暗めの設定だと日中は見づらいのである程度許容できる範囲で明るさ調整しています(が,夜はまぶしいです)。
声色の設定もユピテルが好みですが,これは慣れですね。もう慣れました。




音について書いていたら,デリカの純正ナビは県境を越えると,「○○県にはいりました」と言ってくれるのがありがたかったのですが,今回の社外クラリオンナビにはありません。県境で「よしっ!」と盛り上がることがなくなって少々さみしいです。




まあ,どうでもいい話でしたね。
でも,私にとっては,レーダー探知機は運転中の心の安心,ってお話でした。








2016.07.19 Tue l キャンピングカー l コメント (0) l top
雨がかなりの期間降り続きました。

キャンカー出動機会はめっきり減りました。


雨が小休止しているすきを見計らってキャンカーに。

そんなに暑くはないし,ジメッともしてません。


急に雨粒が大きくなり,豪雨に。
でも車内にいると考えれば,そんなに雨音が気になるほどでもありません。

やはり,断熱がよい=遮音にもなっているのかもしれません。



しばらく車内にいると暑くなってきたのでエンジンかけて,エアコンオン。
すぐ涼しくなります。ハイエースのエアコンは強力です。





我が家のキャンカーのダイネットテーブルにはドリンクホルダーがありません。
付けない人が多いとのアドバイスでそうすることにしました。これはこれですっきりしていていいです。
それで,クリップ式ドリンクホルダーは納車前に準備しときました。
でもクリップ式のホルダーは,走行中はどうも不安定で使い物になりません。一応2人旅がメインなので通常走行中にドリンクホルダーは利用しませんので,クリップ式はテーブルが停車中にはスペース効率よく使えるし,少々体が当たっても大丈夫なので重宝してます。

そこで,出窓部分に何か固定できそうなドリンクホルダー,出来ればダイネット用テレビのリモコンも置けるようなものがないか,ネット上で物色するためサイズ確認をしました。ドリンクホルダーとしても使えるけどメイン用途はリモコンやタバコ(アイコス)置場です。そして,ずぼらな2人が,もしドリンク類を置いたまま移動しても被害がないように。



ついでに,シート下などお掃除も。結構ワンの毛などワタゴミがたくさん取れました。シートなどファブリックではないので,ワタボコリがくっつく場所がないということで,いいことです。





フロントバグネットはやはり必要との相方の意見もあり,購入してまだ袋に入ったまま。

相方には内緒で,こっそり購入したLEDフォグバルブ,いつの間にかフォグも交換終了(助手席に目立つように置いていたらやさしい方がつけてくれました)。黄色なので霧も今までよりは怖くない!


今度のお休みはどこか行けるのでしょうか?

運転と就寝時の快適性の向上があるか検証しなきゃいけませんから。




2016.07.11 Mon l 徒然 l コメント (0) l top