最近,地元のオートキャンプ場巡りしています。
他県は何カ所か訪れていますが,地元を知らないのもよくないなと思い,相方と土日の日程が合わないときに見学に行ってます。実際に利用するのではなく,見学に行ってるだけです。
DSC_1838_R.jpg

4月からオープンというところもあるんですね。知りませんでした。雪もめったに降らない地域なのにどうしてでしょう?きっと採算が取れないのでしょうね。7・8月だけって場所もあり,ファミリーキャンプやスポーツ少年団などの合宿や林間学校など子どもを対象にしているところだと思います。バンガローがやたらと大きかったりします。

温泉がいっぱいある県なので,オートキャンプ場内に温泉施設がある,または温泉のあるホテルの近くに併設しているオートキャンプ場が多いです。とはいっても,オートキャンプ場は決して多くはありません。公的機関やそれに準じる場所でも温泉設備が併設されてるところが複数あります。公的機関のものは公園や遊具のある大きな公園が併設されていてファミリー向けなのかなと感じました。老朽化が進んでいるところもありましたが,よく整備はされていると思います。芝はそれなり。整備されているところはやはりそれなりの金額なんですね。整備されていなくてもワイルド感のあるいい場所もあるのですけどね。ウォシュレット付トイレのあるオートキャンプ場は今のところ見当たりません。管理人さんは付けたい希望はあるそうですが,予算が・・・・と予想通りの回答でした。

DSC_1832_R.jpg

景色のいいところ,大きな木がサイト内にあり駐車に気を使うけれど木陰ができるけどテント等設置に困りそうなところ,ただただ芝生が広がっているところ,民家のそばでコンビニなど近くて便利だけれど自然を満喫できるのかな?というところ,逆にキャンプ場以外何もなく,現地に到着するための道がかなり狭くて結構スーパーや温泉から遠くてがっつり準備しないといけないところ・・・・・・・・
知っていれば準備のときから安心感はありますが,わくわくどきどきは減りますね。
DSC_1837_R.jpg

ただ,他県を訪れたとき,自分がすんでいる地域の施設やその周辺についてあまりにも何も知らないことに気づかされました。何度も通り,知っているはずの場所でも関心があるかないかで見えている風景は変わるんですね。そんなこともあり,せめて自分のすんでいる地域のオートキャンプ場とその周辺のことくらいは知っておくべきだということを理由に楽しく週末ドライブしてます。泊を伴う場合は相変わらず道の駅利用です。

ついでに,キャンプ場内の温泉ではなく,近隣の温泉にお邪魔するようになりました。
もともと温泉めぐりは好きなんですが,家族で行くとどうしても設備の整ったところしか行かないので,なるべく一人じゃないと行けない温泉を選択して行くようにしてます。
これは癖になりそうです。
ただ,安くていい温泉で,シャンプーなどは常に車に常備しているのでいいのですが,ドライヤーが無いのはキツイです。なかなか乾きませんし,風邪ひきそうです。
そこで,インバーター容量をあげようかと思い,ビルダーさんに聞いてみたところ,10分くらいしか使えないとのことで意味がなさそうなのであきらめました。無駄な投資をしなくてよかったかも。ドライヤーなしの温泉利用は我慢するか,車のエアコン,FFヒーター吹き出し口を延長して利用するか,電源付オートキャンプ場に頼るしかなさそうです。

100~200円だとシャンプー,石ケン,ドライヤーなし。300円以上ならついてることが多くなるって感じですかね(街中の銭湯はよく分かりませんがこちらもほとんどが温泉であることは間違いないです)。

最近また一人遊びが増えてきたけど,大丈夫かな?






スポンサーサイト
2017.02.27 Mon l 徒然 l コメント (2) l top
最近以前乗っていたデリカを見かけると,ついつい見てしまいます。
特にカスタム系のリフトアップされた車は凝視してしまいます。
3代目から5代目まで計4台乗り継いできたので仕方ないですね。

スターワゴンのキャンカー仕様車とか,
道の駅で凝視しすぎてオーナーさんが不審者と間違われたようで
怪訝そうな顔ででてこられたこともありました。



一応一区切りついたハイエースの快適化。
通勤車の買い替えを考えなければなりません。


自分のではなく相方の。
来年度には多分10万キロ超えそうです。
軽以外は運転しない,高速での合流が快適にできるためにターボ車を好みます。
なので,デリカはムリ。
軽もキャンカー仕様のものに買い替えようか???
と妄想を膨らませてみましたが,
ベース車から考えればかなり割高で,
相方が望む加速も得られそうにありません。

普段通りの買い替えになりそうです。



じゃあ,自分の通勤車は?
いろいろ考えてしまいますが,体型的に軽はかなり厳しいので,普通車となります。

ルノーのカングーなどいいのではないかな?とか,
やっぱりデリカ!
とか,P’s CRAFT×トイファクトリーのNV200ベース(オプションなし)のもいいかも・・・・とか
妄想は膨らみます。
キャンカーである必要はないのですが,ちょっと仮眠できるくらいのゆとりはほしいかな?
デリカだと,社外パーツを知りすぎていて,ハイエースとデリカの快適化となると厳しいと分かっていながらやってしまいそう,いや手を付けてしまうこと確実なのでパス。余裕があれば本当はやりたいんですけど。

中古でカングー検索が最近の日課です。
花屋さんの車というイメージで売り出したころ(まだカクカクした車でした)からカングーは気になっていた車でした。
トイ×カングー=キャングーを探しますが,なかなかないですね。
検索が下手なのかもしれませんけど。
1度は外国の車にも乗ってみたい気もしています。


ま,
自分用の通勤車の買い替えはまだ当分先なので,
妄想ということで。






おまけ(こちらはもっと妄想)
フィアットデュカトベースの国内ビルダーさんからのキャンカーは来年くらいに出そろうのではないかと聞きました。ただ国内で扱うビルダーさんの数によってはベース車の正規輸入がなくなるかもしれません(台数次第)し,正規輸入されるようになっても部品供給がしっかりできるようになるのは来年くらいになりそうとのことです。フィアットのディーラーで点検整備できれば安心感が増しますね。
日本仕様のファミリー向けのものが出てくるともしかして・・・?
ここでも妄想が・・・・
もちろん右ハンドル。安定走行,でも価格は4ケタいかないで!
リチウムイオン電池(だったかな?)採用。
トイレとかいらないからトイレも置けるよ!くらいのクローゼットはほしい。
シャワールームはいらないので,ダイネットを広くしてベッド展開できるものがいいな。
乗車定員は6人くらい。ダイネットでゆっくり6人談笑できるといいな(助手席・運転席を含めたコの字型レイアウト?)。
独立して2人就寝(2段ベッド),ほか2人の計4人は就寝できてほしい。
家庭用エアコン取り付け可で,室外機が効率よく取り付けられるといいな。
バンであっても外部収納ほしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・etc





買うことは無いと思いますが,新型コースターのバスコンも気になります。買えませんけど。
こちらは各社年内,いや今年度内に発表があるかもしれませんね。






妄想もまた楽し。
2017.02.22 Wed l キャンピングカー l コメント (4) l top
車旅がしたいからキャンピングカー。

基本的に自分トコだけなら道の駅かSA・PA。
これで十分なんです。

キャンピングカーなので,水は使える(飲むことはしてません),カセットコンロはあるし,コップやケトル,お皿やおはしは準備しています。十分車内でくつろげます。



でも,月に1回ほど,キャンプ場を利用し始めて少し考え方が変わり始めてます。

まずはチェアを購入。
これくらいは積んでいても問題ないというか,あったほうがいいと思います。
今はやりのローチェアではありません。腰が悪いので座面が高いほうがありがたいです。


次にテーブル。
これもせっかくならあったほうがいいですね。
でも購入後1度も使用していないのが現状。
寒い時期の購入だったので,これからの活躍に期待。

私の車では,就寝スペースを確保し,なおかつ車内で快適に過ごそうと思うと,車内積載するスペースは2段ベッドの下のわずかなスペースしかありません。ゴミや着替えたものを入れる密閉箱,温泉道具(プラスチックカゴ),マルチシェードは最初から積んでいるので,チェア×2とテーブルでもうフル積載状態です。これ以上は車内生活スペースを侵犯してしまいます。

でも

暑くても(暑すぎ×)寒くても(寒すぎ×)外はいいものですね。
そう,旅先の外は気持ちいいんです。
そう思うようになりました。

問題になるのは天気。
日差しや雨風を多少なりとも防いでくれるものが欲しくなるものです。

まずサイドオーニング。便利だし,簡単なのはわかっています。でも高すぎるし,いかにもキャンピングカーになってしまうので×。
高いなーと思っていましたが,スノーピークのタープ一式の価格を考えると案外安いのかもしれないとも思いますね。適度な価格でなんちゃってキャンパーにとっての,よいものを見つければ,多少の風雨はしのげそう。カーサイドタープ(リビング)やタープなど多少の組み立てに時間がかかってもそれも楽しんでしまえばいいのでは?

いろいろ検索すると色々なメーカーから色々なタイプのものが価格も様々です。簡単組み立てのものは,収納時の大きさがやたらと大きいことも判明。
ふんぎりがつきません。


前述のとおり収納場所がないことに考えが戻ってしまします。
特に,
乾いた状態での撤収ならシート下とかも使えそうですが,雨の撤収を考えると・・・・。

外部収納があるキャブコンがこの点に限っては羨ましい。


これがタープをポチしない(できない)理由・・・・というわけのわからない話でした。
2017.02.14 Tue l 徒然 l コメント (4) l top
充電はサブバだけではない。

スマホ×2にタブレットにWiFiルータにアイコス・・・・・

いろいろ想定してハイエースの灰皿をカーメイトのシガー×2+USB×2に納車時から交換してました。

USBケーブルを多いときで4本つなぐのですが,アイコスは結構シビアで充電できないケーブルやポートがあります。
また,その他の機械も充電が遅かったりします。

特に以前から使用していたシガーソケット用のものは大きくて,すぐ下のゴミ箱のふたを開けるときに邪魔です。
こんな感じ。
P1060436_R.jpg
外すことも考えましたが,はずしたときのキャップを失くしてしまい付けっぱなし。

で,アマゾンで安かったので,交換。
P1060435_R.jpg
大きさの違いは歴然。
出っ張りなく収まります。

こんな感じ。
P1060438_R.jpg

中国ブランドのAnkerとAukeyというものがありますが,評判のいいのはAnker。
1k以下の製品でも交換等快く応じてくれるのだそうですが,
なぜかAukeyを選択。

どちらも電圧に厳しいアップル対応なので,大丈夫との判断。

あとは耐久性。

火をふかなければいいのですが…。


これまで使用していたものは相方の車に移動です。



フロント周りで気になることがもう1つ。
小銭置き場。

何度か書きましたが,センターコンソールは取り外して平らなボード仕様となっています。
有料道路の支払いの時の小銭を保管する場所がなく,すべり止めマットの上にならべて置いていました。
これって面倒です。外からも小銭があることが確認できるので,なにかいいものがないかと探していましたが,特にピンとくるものがなかったのですが,見つけちゃいました。

famという雑誌の付録です。
≪訂正≫famではなく,Be-Palでした。すみません。
P1060444_R.jpg

ダッジオーブン風シリコン製のカップです。
もちろんレンジ調理にも使えますが,
私は,
P1060446_R.jpg
こんな風に使うことにしました。
すべり止めの上に置いているからなのか結構倒れないものです。
シリコン製のこういうものはよくありますが,ふた付きってのがポイント。
蓋があるので,小銭が入っているようには見えません。

また,わたしの利用しているドリンクホルダ兼ゴミ箱(=ポイボックス)はドリンク用の穴が3つあるので,その1つに収めることも可能です。ちょっと蓋は閉まりにくくなりますけど。
これだけのことですが,それでも運転が快適になります。


これぞ,快適化ですね!


まだUSBポートは増やす予定です。在庫抱えてます。
家庭のコンセントやキャンカーのダイネットにもコンセントではなくUSBポートが標準装備になる日も近そうです。
ん?もうなってるのかな?





2017.02.13 Mon l 快適化 l コメント (6) l top
気持ちとしては快適化。

でもこれはドレスアップとなりますよね。

P1060359_R.jpg
ガッツミラ―の同色塗装をしてもらいました。
馴染みのGSでかなり格安で。
現物を見ながららの塗装なので,塗装の経年劣化にも可能な限りあわせていただけました。
最後にボデーと同じコーティングまで。

P1060365_R.jpg
ついでにこちらも。

アンテナは納車時からこのアンテナです。

さてどこでしょう?

答えはルーフエンドモール同色塗装です。

かなり自己満足の世界ですね。
ついでということでサービスです。
ありがたい。ネットで買えば結構なお値段ですよね。



次は,網戸はあるけど網戸がほしかったり,カーテンがつけたかったり・・・・・
当分はがまん or  DIYできないか考えてみます。






最近知ったのですが,RVパークは原則としてスペース内であれば机やいすを出してくつろいでもいいのだそうですね。火は車内であればOKだとか・・・。まあ,それぞれのRVパークで確認は必要ですが,私のような“なんちゃってキャンパー”には必要十分な気がします。ただRVパークの立地がテーブル・チェアを出せる環境であればとの条件はつきますけどね。
この前行ったところは,外でくつろぐような立地ではなかったです。










2017.02.10 Fri l 快適化 l コメント (4) l top